保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングです。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで
豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。 さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。 より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。当サイトは、転職をがんばろうとしている人に向けて記事を書いています。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のアピールポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:お祝い金がもらえる!
     →正社員/週32時間以上:@2万円,パート/週32時間未満:@5,000円
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開
    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 「保育のお仕事が業界トップクラスのサービスである」と言われいて そのため、メディアにも多数取り上げられています。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方
    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。
    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!

    【転職する際に重要視しているポイント】
    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内などの働く場所
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設
    ※また、保育士さんは過酷な労働状況に悩み、転職を考える人がいる一方で  女性が多い職場ということから人間関係に悩み、転職を検討する保育士さんも多数いらっしゃいます。
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。
    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


何回か就職選考に向き合っている中で、残念だけれども落とされる場合が続くと、活動を始めた頃のモチベーションが次第に無くなることは、がんばっていても特別なことではありません。
現在の職場よりも収入そのものや処遇などがよい就職口があったとして、自らも転職することを志望中なのであれば、決断してみることも重要なのです。
誰もが知っているような成長企業だと言われても、どんなことがあっても何十年も大丈夫、まさか、そんなわけは決してありません。だからこそそういう要素についても時間をかけて情報収集が重要である。
なんだかんだ言っても、日本の世界と渡り合えるテクノロジーのほとんどが、大企業ではなく、地方の中小零細企業の町工場で創生されているわけで、手取りとか福利厚生も十二分であるなど、景気のいい会社だってあるそうです。
ここ何年かさかんに就職活動や転職するために活動している、20代、30代といった世代の親だったら、安定した公務員や評判の高い大手企業に就職できることが、最も重要だといえるのです。

「忘れずに筆記用具を持参するように。」と記述されていれば、筆記試験がある疑いが強いですし、よく「懇談会」と載っているのなら、集団討論が取り行われるケースが多いです。
個々の背景によって、転職したいと希望している人が多くなっています。ところが、転職すると決めたはいいけれど、希望通り転職した後の人生設計が計画と異なる場合もたくさんあるというのが本当のところです。
皆様方の近しい中には「希望がわかりやすい」人はいらっしゃいませんか?そんなタイプの人こそが、会社の立場から見るとプラス面が使いやすい人と言えるでしょう。
やりたい仕事やなってみたい姿を目指しての商売替えもあれば、勤務している所のさまざまな事情や住居などの外から来る理由により、仕事を辞めなければならないこともあるかと思います。
民間の人材紹介サービスの会社では、就職した人が突然退職するなど失敗してしまうと、自社の人気が下がりますから、企業の長所も短所も両方共に正直に聞くことができる。

実は、人材紹介会社は多いけれども、一般的に社会人で転職を望んでいる人に使ってもらうところなので、企業での実務の経験が少なくとも数年程度はないと対象にならないのです。
いわゆる自己分析が必要であるという人の受け取り方は、自分と馬が合う職業というものを探究しながら、自分の長所、関心を持っている点、得意技をわきまえることだ。
電話応対すら、面接試験の一環と認識して応対するべきです。逆に言えば、担当者との電話応対であったり電話での会話のマナーが好印象であれば、高評価になるのだ。
「入りたいと願っている企業に相対して、自分自身という人物を、いくら徳があって目を見張るようにプレゼンテーションできるか」という能力を磨き上げろ、ということが大切だ。
就職したまま転職のための活動をするケースでは、身近な人間に話を聞いてもらう事自体も微妙なものです。無職での就職活動に照らし合わせてみると、話せる相手はなかなか少ないでしょう。


採用選考試験で、応募者をグループにしてグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)をやっているところは多くなっている。人事担当者は普通の面接だけでは見えてこない性格やキャラクターなどを知っておきたいというのがゴールなのでしょう。
仕事のための面接を受けるほどに、少しずつ視野が広くなってくるため、基軸が不明確になってしまうというような場合は、広く諸君が思うことなのです。
転職活動が新卒者などの就職活動と根本的に違うのは、「職務経歴書」と言われます。これまでの勤務先等での職務経歴などを平易に、ポイントをはずさずに作成することが求められます。
外資系企業で働く人は、既に珍しくない。外資系企業といったら、以前は転職者のすぐに力を発揮できる人を採用する印象でしたが、今時は、新規卒業の社員の採用に野心的な外資系も目立ってきている。
第二新卒は、「一旦就職したけれど約3年以内に離職した若年者(一般的には25歳程度まで)」のことを表す言葉なのです。ここ数年は数年で退職してしまう者が増加傾向にあることから、このような表現が出現したと言えます。

今の会社よりもっと賃金や労働条件が手厚い会社があったとして、自らも転職したいと希望するのであれば、ためらわずに決断することも重要なのです。
「自分が養ってきた能力を御社ならば有効に利用できる(会社に尽力できる)」、それゆえにその企業を希望しているというような場合も、ある種の重要な動機です。
たまに大学卒業時から、いわゆる外資系への就職を狙う人も見られますが、やはり実際には多いのは、とりあえず日本企業で勤務して経験を積んでから、30歳くらいで外資系企業に転身という事例が多発しています。
転職というような、言ってみれば奥の手を何度も出してきた履歴がある人は、何となく転職した回数も増え続けるものです。そんなわけで、一社の勤続が短いことが多くなるというわけですね。
ご自分の近くには「自分の好みの傾向が確実にわかっている」人はおられますか?そんなタイプの人こそが、会社の立場から見ると価値が使いやすい人といえましょう。

「自分が今に至るまで蓄積してきた固有の能力や才能を有効利用して、この仕事を望んでいる」という風に自分と突き合わせて、どうにか面接の場でも説得力を持って響くのです。
面接試験と言うのは、受検者がいかなる性格の人なのかを見抜こうとしている場ですので、練習したとおりに話すことが求められているのではなく、真心を込めてお話しすることが大事です。
分かりやすく言うと運送業の会社の面接試験の場合、せっかくの簿記の1級の資格があることをアピールしてもほぼ評価されないけれど、逆に事務職の人の場合であれば、高い能力がある人材として期待してもらえる。
結果的には、いわゆるハローワークの斡旋で入社を決めるのと、一般的な人材紹介会社で就職する機会と、二つを並走していくのが良い方法だと感じるのです。
おしなべて企業というものは雇用している人に対して、いかばかりの有利な雇用条件で職に就いてくれるのかと、なるべく早期に会社の具体的な収益アップに影響を及ぼす力を、機能してくれるのかだけを熱望しています。


誰もが知っているような成長企業と言えども、絶対に未来も揺るがない、まさか、そんなわけはないから、その部分については慎重に情報収集するべきだ。
外資で労働する人は、そうは珍しくない。外資に就職するというと、少し前なら中途採用のすぐに力を発揮できる人を採用する雰囲気を感じたが、近年では、新卒の学生を採用することに積極的な外資系会社も目につくようになってきている。
バリバリと仕事をやりながら転職活動するような事例は、近辺の人に考えを聞くことも難題です。無職での就職活動に突き合わせてみると、助言を求められる相手は割合に狭い範囲の人になるでしょう。
外国企業の仕事の場所で追及される職業上の礼儀作法や技術といったものは、日本人サラリーマンの場合に促される所作や業務経験の枠を大変に超越していることが多い。
「自分の能力をこの職場でならば活用することができる(会社のために働ける)」、それによってそういった業務を希望しているというようなケースも、一種の重要な動機です。

当たり前ですが就職活動は、面接してもらうのも応募者本人ですし、試験するのも応募したあなたに違いありません。しかし、困ったときには、信頼できる人に意見を求めるのもいいでしょう。
電話応対すら、面接試験の一つのステージだと認識して応対するべきです。当然企業との電話の応対であったり電話のマナーが良い印象として受け取られれば、高い評価を受けることになるのです。
面接試験では、当然転職の理由を詳しく聞かれます。「なぜ辞めたのか?」に関しましては、企業の担当者も最も興味のある問題です。それもあって、転職した理由についてはきちんと用意しておくことが大切だと思います。
新卒以外の者は、「なんとか入れそうで、経験も積み上げられそうな会社」なら、とにかく入社しましょう。ごく小規模な企業でも構わないのです。実体験と業務経歴を積み上げることができればそれで問題ありません。
厳しい圧迫面接で、底意地の悪い問いかけをされたケースで、不注意に怒ってしまう人がいます。そうなる気持ちは理解できるのですが、生の感情を秘めておくのは、常識ある社会人としての最低限の常識です。

内々定というものは、新規卒業者(予定者)に行う採用選考での企業と企業の倫理憲章に、正式な内定を連絡するのは、たとえ早くても、10月1日以降でなければいけないと定めているので、まずは内々定というかたちをとっているのです。
今すぐにも、新卒でない人間を入社させたいともくろんでいる企業は、内定が決まってから回答を待つ期限を、長くても一週間くらいまでに限定しているのが多数派です。
まずはその会社が間違いなく正社員に登用できる会社なのか違うのか見定めたうえで、可能性があると感じ取れるなら、まずはアルバイト、派遣からでも働きながら、正社員を目指してみてはいかがでしょうか。
明白にこれをしたいという明確なものもないし、あれかなこれかなと混乱して、最後には自分が何がしたいのか面接で企業の担当者に、整理できず話せないのです。
公共職業安定所といった所の就職紹介をされた際に、そこの企業に就職できることになると、年齢などの条件によって、そこの企業より職安に向けて斡旋料が支払われるとの事だ。

このページの先頭へ