保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


意気込みやゴールの姿を志向した商売替えもあれば、企業のトラブルや通勤時間などの外的な原因によって、転業しなければならない場合もあるでしょう。
仕事の場で何かを話す状況では、要領を得ずに「どういった風に考えているか」というだけではなく、おまけに具体的な逸話を混ぜ合わせて説明するようにしたらいいと思います。
転職という、一種の奥の手を何度も出してきた人は、いつの間にか離転職回数も膨らみます。それがあるので、同一会社の勤務年数が非常に短いということがよくあるということです。
会社というものは、自己都合よりも会社組織の計画を先決とするため、よく、不合理的な異動があるものです。当たり前ですが当の本人なら不平があるでしょう。
「自分の持っている能力をこの職場なら活用することができる(会社の利益に寄与できる)」、つきましてはその企業を希望するというようなケースも、ある種の大事な意気込みです。

様々な原因のせいで、違う職場への転職を考えている人が増加している。だが、転職すると決めたはいいけれど、再就職してからの人生が大きく異なるケースもわんさとあるのが実際に起こり得ます。
いわゆる会社は働いている人間に向けて、どれくらい得策な条件で雇われてくれるかと、なるべくスピーディに企業の具体的収益につながる能力を、出してくれるのかだけを望んでいると言えます。
今の時点では、志望の会社ではないかもしれないですが、現在募集しているその他の企業と突き合わせてみて、僅かでも長所だと感じる部分は、どこにあるのかを思い浮かべてみて下さい。
自分自身の内省をする時の注意すべき点は、現実的でない表現をできるだけ使わないことです。観念的な言葉づかいでは、人事部の担当者を合意させることは大変に困難なことでしょう。
人材紹介・仲介といった人を企業に送り込む会社では、企業に就職した人が長く続かず退職してしまうなどの失敗によって、労使ともに評判が悪化するので、企業の長所及び短所を両方共に正直にお伝えするのです。

ふつうは、会社説明会とは、会社側が主催する仕事のガイダンスのことで、セミナーとも言われます。希望する生徒達や応募者を集めて、会社の概略や募集要項などの大事な事項をブリーフィングするというのが標準的なものです。
この先ずっと、成長が見込まれる業界に就職したいのなら、その業界が本気で発達する業界なのかどうか、急激な成長に照らし合わせた経営が行えるのかどうかを把握することが重要なのです。
大人になっても、状況に合わせて使うべき正しい敬語などを使うことができている人はほとんどいないのです。このように、社会人ということで恥で終わるところが、面接の場面では致命的(採用されない)な場合がほとんど。
幾度も就職試験にトライしているうちに、悲しいかな採用されない場合のせいで、最初のころのモチベーションが次第にダメになってしまうということは、どんなに順調な人でも起きるのが普通です。
売り言葉につい買い言葉を発して、「こんなところもう願い下げだ!」こんな言葉を吐いて、むきになって退職してしまうような人も存在するけど、景気が非常に悪い今、非理性的な退職は馬鹿がすることです。


言うまでもなく就職活動は、面接試験を受けるのも応募するあなたです。また試験に挑むのも本人です。だけど、相談したければ、友人や知人に相談するのもいいことなのである。
圧迫面接というイヤな面接手法で、底意地の悪い質問をされたとしたら、我知らずにむくれる方もいるでしょう。そうしたい気持ちは分かりますけれども、ざっくばらんの感情を表面に出さないようにするのは、社会的な人間としての基本なのです。
第二新卒っていったいどういう意味なのでしょうか?「新卒者として一度は就職したものの短期間(3年以内)に離職した若者」のことを示す言葉です。このところ早期に離職する若年者が増えつつあるため、このような新しい表現が誕生したと想像がつきます。
新卒ではないなら、「入社の望みがあって、職務経験も得られそうな会社」なら、なんとしてでも入社するべきです。小規模な会社でも支障ありません。職務経験と職歴を獲得できれば結果オーライなのです。
ここのところ忙しく就職や転業目指して活動しているような、20代、30代のジェネレーションの親にしてみれば、国家公務員や大企業等に入社できることこそが、最善だといえるのです。

今すぐにも、経験ある社員を増やしたいと考えている企業は、内定が決定した後相手が返事をするまでの間を、短い間に限定しているのが全体的に多いです。
自分自身の内省が問題だという人の見方は、自分に釣り合う職業というものを思索しつつ、自分自身の魅力、関心ある点、得意とすることを意識しておくことだ。
会社説明会と呼ばれるのは、会社側が取り行う就職に関するガイダンスのことで、いわゆるセミナーの事です。その会社を志望する生徒や転職希望者を集めて、企業の概略や募集要項といったことを説明するというものが普通です。
多くの場合就活の時に、申し込む側から応募するところに電話をかけるということはレアケースで、逆に応募先の企業がかけてくれた電話を受け取る場面の方がかなり多い。
おしなべて企業というものは、全ての労働者に全利益を返還してはいないのです。給与に対し実際の仕事(社会的な必要労働)は、よくても実際にやっている労働の半分かそれ以下がいいところだ。

就職活動に関して最終段階にある試練、面接選考をご案内します。面接による試験というのは、求職者と人を募集している企業の人事担当者による対面式の選考試験のこと。
同業者の人に「家族のコネのおかげでSEを捨てて転職した」という異色の経歴を持つ人がおりまして、その彼が言うにはシステムエンジニアだった頃のほうが確実に百倍も楽な内容だったとのこと。
実は退職金と言っても、解雇ではなく本人の申し出による退職なのであれば会社によって違うけれど、全額は支給されませんので、差し当たって再就職先を決定してから退職してください。
企業選びの観点は2つあって、一方では該当する会社のどんな点に関心があるのか、もう一方は、自分はどんな業務に就いて、どんなメリットを身につけたいと考えたのかです。
転職活動が就活と確実に異なるのは、「職務経歴書」だということです。実際の職務経歴などを読んでくれた人に理解しやすく、ポイントをつかみながら作成することが求められます。


なんといっても就職試験の最新の出題傾向をインターネットなどできちんとリサーチしておいて、万全な対策をしっかりとたてておくことを忘れてはいけない。そういうことなので各々の試験の要点、そして試験対策について案内します。
電話応対だろうと、面接試験であると意識して取り組みましょう。逆に見れば、担当者との電話の応対や電話におけるマナーが良い印象として受け取られれば、高い評価を受けることになるということ。
仕事に就きながら転職のための活動をするケースでは、周囲の知人達に話を聞いてもらう事自体も微妙なものです。無職での就職活動に鑑みると、考えを聞ける相手はとても限定された範囲になってしまいます。
免許や資格だけではなくて実務経験が十分にある場合、人材紹介会社等も利用してみてもよいだろう。なぜかといえば人材紹介会社を使ってまで人材を集めている会社は、やはり経験豊富な人材を雇い入れたいのです。
自分を振り返っての自己判断が問題だという人のものの見方は、波長の合う仕事内容を見つけようとしながら、自分の長所、やりたいと思っていること、真骨頂を知覚することだ。

将来のために自分を磨きたいとかさらに前進できる就業場所で就職したい、といった願いを伺うことがしょっちゅうあります。このままでは向上できないと気づくと転職を意識する方が多い。
仕事先の上司が高い能力を持っていれば言うことないのだけれど、そうじゃない上司だった場合、今度はどうやってあなたの能力を提示できるのか、あなたの側が上司を奮い起こすことだって、ポイントだと思われます。
いくつも就職選考をやっているなかで、悔しいけれども採用とはならない状況が続いて、活動を始めた頃のモチベーションがみるみる落ちてしまうことは、順調な人にでも起きて仕方ないことです。
現時点で本格的に就職や転職の活動をしている、20才から30才の代の親だったら、確実な公務員や大企業等に就職可能ならば、最善だということなのです。
学生の皆さんの身近には「自分の願望が明朗な」人はいるでしょうか。そんな人こそ、会社が見た場合に利点が目だつタイプといえます。

間違いなく未知の番号や非通知設定されている場所から電話されたら、不安に思う胸中は共感できますが、そこを耐えて、最初に自ら名前を告げるべきでしょう。
面白く作業をしてもらいたい、わずかでも手厚い待遇を提供したい、その人の可能性を呼びおこしてあげたい、レベルアップさせてあげたいと会社の方でも感じてします。
現在の業種を変更するほどの気持ちはないのだけれど、何としても今よりも月々の収入を多くしたいのだという折には、役立つ資格取得に挑戦してみるのも有効な手段かも知れません。
概ね最終面接の時に質問されることは、これまでの面接の場合に設問されたことと似たようなことになってしまいますが、「志望の要因」がとりあえず有力なようです。
就職面接試験で緊張せずに終わらせるためには、ずいぶんな体験がどうしても求められます。だがしかし、面接選考の場数をあまり踏んでいないと緊張するのだ。

このページの先頭へ