保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


報酬や職場の処遇などが、いかほど良いとしても、労働場所の環境自体が劣悪になってしまったら、この次もよそに転職したくなりかねません。
就職面接において、緊張せずに試験を受けるなんてことになるには、多分の経験が不可欠なのです。とはいえ、そういった面接の場数をまだ踏んでいないときには一般的に緊張してしまう。
この場合人事担当者は、エントリー者の実際の能力などを試験などで読み取って、「自社にとって必要で、役に立ちそうな人物かどうか」をしっかりと確かめようとしているものだと思っています。
せっかく準備のフェーズから面談まで、長い段階を登って内定してもらうまで迎えたのに、内々定が取れた後の処理を取り違えてしまってはぶち壊しです。
現実は就職試験の最新の出題傾向を関連図書などで事前に調査して、対策を準備しておくことが大切です。今から多様な就職試験の概要とその試験対策について説明します。

いわゆる会社というものは、1人ずつの都合よりも会社組織の計画を先にするため、時折、納得できない転勤があるものです。無論本人にしてみればうっぷんがあるでしょう。
「自分が培ってきた能力をこの事業ならば有効に用いることができる(会社のために寄与できる)」、それゆえにその事業を希望しているといった動機も、有効な大事な理由です。
人材紹介・仲介においては、決まった人が短い期間で退職するなどマッチングに失敗してしまうと、労働市場での評判が低くなるから、企業のメリットもデメリットも両方共に隠さずに説明するのである。
注目されている企業等のうち、何千人もの希望者がいるようなところでは、選考にかけられる人員の限界もあるので、最初に大学だけで、篩い分けることはやっているから注意。
外国籍企業の仕事場で要求される商売する上でのビジネスマナーや技術は、日本での社会人として追及される動作やビジネス履歴の水準をかなり超越しています。

それなら勤めてみたいのはどのような企業なのかと聞かれたら、なかなか答えることができないけれど、今の職場に対する不満を聞いてみると、「自分の評価が低すぎる」というような方がとてもたくさん存在します。
転職活動が就活と基本的に異なるのは、「職務経歴書」と言われます。現在までの職務経歴を読むだけで簡単に、要所を抑えて作ることが絶対条件です。
もう無関係だからといった姿勢ではなく、やっとこさ自分を肯定して、内定の連絡まで受けられたその企業に対しては、良心的な返答を肝に銘じましょう。
何度も就職選考に向き合っている中で、悲しいかな落とされることがあると、せっかくのやる気がどんどんと下がることは、努力していても起きることで、悩む必要はありません。
時々面接時の忠告で、「自分の言葉で話すように。」という事を認めることがあります。それにも関わらず、その人ならではの言葉で話すことができるという趣旨が理解できないのです。


「書く道具を持参すること」と記載されていれば、筆記テストの可能性がありますし、最近多い「懇親会」と記述があれば、小集団での論議が予定される可能性があるのです。
企業で体育会系の部活出身の人材が採用さることが多い理由は、言葉遣いがちゃんとできるためだと聞いています。体育会系のほとんどの部活では、常時先輩後輩という上下関係がはっきりしているため、無理をしていなくても覚えてしまうのです。
「私が現在までに育成してきた特異な能力や特性を利用して、この仕事を欲している」という風に自分と関連付けて、かろうじて担当の人に説得力を持って意欲が伝わります。
第一志望の応募先からの内々定でないからという理由で、内々定についての意思確認で考え込むことはありません。就職活動が終わってから、内々定をつかんだ企業の中で選定するようにしてください。
肝心な点として、働く先を選ぶ際は、ぜひあなたの希望に正直になって選ぶことであり、どんなことがあっても「自分を会社に合わせよう」などということを思っては失敗するだろう。

面接選考に関しては、どの部分がダメだったのか、ということを伝えてくれるような懇切な会社はまずないので、自分自身で直すべきポイントをチェックするのは、難儀なことです。
転職を想像する時には、「今の仕事よりもずっと年収が貰える企業があるに違いない」みたいなことを、100パーセントどのような人であっても考えることがあって当たり前だ。
自分のことを伸ばしたいとか一段と成長することができる勤務先でチャレンジしたい、という声を耳にすることがよくあります。自分が成長していない、それに気づいて転職活動を始める人がとても多い。
「好きな仕事ならばどんなに辛酸をなめても耐え忍ぶことができる」とか、「自らを成長させるために積極的に困難な仕事を指名する」という例、割と耳に入ります。
民間の人材紹介サービスを行う場合は、企業に就職した人が長く続かず退職するなどマッチングに失敗してしまうと、評価が下がる。だから企業のメリットやデメリットをどちらも隠さずに聞くことができる。

あり得ないことかもしれませんが運送業の会社の面接試験を受ける場合、難関の簿記1級の資格を持っていることをアピールしても評価の対象にならない。逆に事務の人の場合であれば、高いパフォーマンスがある人材として期待されるのです。
一度でも外資系で就業した人のあらかたは、そのまま外資の経歴を持続するパターンが一般的です。結論からいうと外資から日本企業に勤める人は、希少だということです。
最底辺を知っている人間は、仕事の際にも負けない。そのスタミナは、君たちの魅力です。この先の職業において、着実に役に立つ機会があります。
出席して頂いている皆様の周辺には「自分の好きなことがわかりやすい」人はおられますか?そんなタイプの人こそが、企業の立場から見ると役に立つポイントが目だつ人といえましょう。
一般的に自己分析を試みる場合の要注意点としては、現実的でない表現をなるべく使わないようにすることです。具体的でない言葉づかいでは、採用担当の人を分からせ;ることはなかなか難しいのです。


面接というものには「関数」とは違って完璧な正解はないので、いったいどこが良くてどこが拙かったのかなどといった判断基準はそれぞれの会社で、それどころか担当者次第で大きく違うのが本当のところなのです。
会社ならば、1人ずつの都合よりも組織の事情を重視するため、随時、意に反した人事の入替があるものです。疑いなく当の本人ならいらだちが募ることでしょう。
面接選考などで、どういったところがダメだったのか、ということを伝えてくれる懇切な企業は普通はないので、応募者が自分で直すべきポイントを検討するのは、簡単だとは言えません。
現実的には、人材紹介会社は多いけれども、原則は、就職していて転職希望の人が使う企業やサービスだから、会社での実務上の経験が少なくとも2~3年程度はないと対応してくれないのです。
転職という、言ってみればジョーカーをこれまで繰り返し切ってきた経歴の人は、おのずと転職回数も増えます。それもあって、同一会社の勤続年数が短期であることがよくあるということです。

会社によりけりで、ビジネスの内容や自分の望む仕事も様々だと思いますので、就職の際の面接で触れ込むべき内容は、各会社により異なっているのが言うまでもないことです。
例えるなら事務とは無関係な運送といった業種の面接試験の場合、いくら簿記の1級の資格を取っていることをアピールしてもちっとも評価されません。逆に事務の仕事の場合であれば、即戦力の持ち主として評価される。
第一志望の応募先からの内々定でないといって、内々定の企業への意思確認で苦悩することはまったくありません。就活がすべて終了してから、上手に内々定をつかんだ応募先の中で選んでください。
電話応対だろうと、一つの面接だと位置づけて取り組みましょう。勿論担当者との電話応対とか電話のマナーが上々であれば、高い評価を得られるという仕組み。
学生の皆さんの身近には「自分の願望が確実にわかっている」人はいませんか。そんな人こそ、企業からすればプラス面が具体的な人間と言えるでしょう。

社会人だからといって、正しい日本語や敬語を話せる人は滅多に見かけません。ほとんどの場合、社会人なのであれば恥で済ませられるけれど、面接で敬語を使い間違えると致命的(採用されない)な場合がほとんど。
同業の人で「父親のコネを使ってSEとして勤務していたが、この業界に転職してきたのだ。」という過去の持ち主がいまして、その人によるとSEだった頃のほうが比較にならないほど楽なのだそうである。
「希望の職場に対して、自分自身という人柄を、どのように優秀ですばらしく発表できるか」という能力を伸ばせ、ということが肝心だ。
高圧的な圧迫面接で、底意地の悪い問いかけをされたケースで、何気なく気分を害する人がいます。同情しますが、ざっくばらんの感情を露わにしないのは、社会人ならではの基本なのです。
企業での実務経験がきちんとある方ならば、人材紹介会社であってもかなり利用価値がある。そういった新卒者ではなく、人材紹介会社を使ってまで人を探している場合というのは、即戦力を求めているのである。

このページの先頭へ