������にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

������にお住まいですか?������にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


今頃本格的に就職や転職目指して活動しているような、20代、30代といった世代の親の立場で考えるとすると、まじめな公務員や有名な大手企業に内定することこそが、最善の結果だと考えているのです。
ちょくちょく面接時の忠告で、「自らの言葉で話しなさい。」という表現方法を見かけることがあります。さりながら、自分自身の言葉で語ることの意味内容がつかめないのです。
どうあってもこういう仕事がやりたいというはっきりしたビジョンもないし、あんな仕事もこんな仕事もと考えた末に、ついにはいったい何がしたいのか面接で企業の担当者に、話せないことが多い。
沢山の就職試験を続けていくうちに、非常に残念だけれども採用されないことが続いたせいで、活動を始めた頃のモチベーションがどんどんとダメになっていくことは、がんばっていても起こることです。
実のところ就職活動の際に、出願者のほうから働きたい会社に電話をかけるということは数えるほどで、むしろ応募したい会社のほうからの電話連絡を受ける機会の方がとても多い。

諸君の周囲の人には「希望が簡潔な」人はいらっしゃいますか。そんなタイプの人ほど、企業から見ると取りえが簡単明瞭な人間であるのです。
就職活動に関して最終段階の難関、面接による試験を解説することにします。面接⇒応募者と会社の採用担当者との対面式での選考試験なのです。
忘れてはならないのが退職金は、本人からの申し出による退職だったら会社によってそれぞれ違うけれど、解雇と同じだけの額はもらうことができませんので、先に再就職先が確保できてからの退職がよいだろう。
当然かもしれないが人事担当者は、真のパフォーマンスを試験や面接で読み取って、「自社にとって必要で、活躍してくれそうな人物かどうか」を本気で確認しようとしているものだと思うのだ。
会社によりけりで、事業の構成や自分が望んでいる仕事もそれぞれ違うと思いますので、企業との面接で宣伝する内容は、その会社により異なるのが言うまでもありません。

「氷河時代」と初めて銘打たれた頃の若者世代では、マスコミが報道するニュースや社会の風潮に引きずられるままに「仕事があるなんて貴重だ」などと、就職口を慌てて決めてしまった。
就職面接の際に緊張せずに終了させるようにできるには、相当の実践が要求されます。とはいえ、リアルの面接試験の場数をそれほど踏めていないと特別な場合以外は緊張するものだ。
現実に私自身をキャリア・アップさせたい。今の自分よりも成長することができる勤務先で試したい、といった望みを伺うことがよくあります。キャリア・アップできていない、それに気づいて転職活動を始める人が大勢います。
面接については「算数」とは違って完璧な答えがないわけで、どこが評価されてどこが評価されなかったのかという基準は会社が違えば変わり、なんと同じ応募先でも面接官によって全く変わるのが現況です。
売り言葉につい買い言葉を返して、「こんな会社もういやだ!」こんなセリフを吐いて、ヒステリックに退職を申し出てしまう人がいるのだが、不景気のなかで、我慢できずに退職することはとんでもない結果に結びつきます。


もちろん就職活動は、面接するのも本人です。それに試験を受けるのも応募するあなたです。だけど、時々、信頼できる人の意見を聞いてみるのもいいかもしれない。
学生の皆さんの周囲には「その人のやりたいことがとてもはっきりしている」人はいらっしゃいますか。そんなような人ほど、会社にすれば価値が簡単明瞭な人といえます。
基本的には職業安定所での就職紹介で仕事を決めるのと、よくある人材紹介会社で就職を決めるのと、二者を並行して進めていくのが名案ではないかと感じます。
一回外資の企業で勤めていた人のあらかたは、以前同様外資のキャリアを続ける流れもあります。言い換えれば外資から後で日本企業を選ぶ人は、極めて稀だということです。
外資系企業の勤務地で要求される仕事する上での礼儀や技術は、日本人の企業戦士として要求される身の処し方や労働経験の枠をかなり突きぬけています。

会社説明会と呼ばれるのは、会社側が取り行う就業に関連した説明会のことで、よくセミナーとも称されます。その企業を志望する生徒や仕事を探している人を招集して、企業の概括や募集に関する要点などを案内するというのが通常のやり方です。
就職面接試験の場で緊張せずに終わらせるようになるには、ある程度の経験がなくてはなりません。だけど、本物の面接の経験が十分でないと多くの場合は緊張するものです。
一般的に退職金については、自己退職であればその会社にもよるが、会社都合の場合ほどは支給されない。だからとりあえず再就職先がはっきりしてから退職するべきなのである。
本当は就職活動の際に、応募者から応募先に電話連絡することは基本的になく、それよりも応募したい会社の担当者からの電話を取る機会の方が多くあるのです。
職業紹介所の引きあわせをしてもらった場合に、そこに勤務が決定すると、年齢などに対応して、就職先から職安に推薦料が渡されるそうです。

外資系企業で仕事に就いている人は、けっこう多い。外資系と言えば、かつては中途採用のすぐに力を発揮できる人を採用する感じだったけれども、今時は、新規卒業の社員の採用に前向きな外資系企業も目につくようになってきている。
関わりたくないというという構えではなく、骨折りして自分を受け入れて、内定通知を決まった企業に向かって、真面目な応答をしっかりと記憶しておきましょう。
当然就職試験の日までに出題傾向などを本などを使って情報収集して、必ず対策をたてることが肝心。ですから色々な就職試験の要点や試験対策について詳しく説明しています。
上司(先輩)は優秀ならば幸運なことだが、優秀ではない上司なら、いかに自分の仕事力をアピールするのか、自分の側が上司をうまく突き動かすことが、肝心。
面接選考において、どういった部分が十分でなかったのか、ということを連絡してくれる親切な企業などは皆無なので、求職者が改良すべき部分を認識するのは、難しいことです。


厚生労働省によると就職内定率が最も低い率とのことであるが、にもかかわらず応募先からのよい返事を手にしている人が間違いなくいる。では、内定の返事がもらえる人ともらえない人の差はどこだろう。
面接のときには、どうしても転職理由について尋ねられます。「どういうわけで辞めたのか?」につきましては、どの会社も特に興味のある事項です。それがあるので、転職理由を整理しておくことが欠かせません。
大事で忘れてはいけないことは、就労先をセレクトする時は、絶対にあなたの欲望に正直になってセレクトすることであって、あせったからといって「自分を会社に合わせよう」などと馬鹿なことを思ってはダメだ。
電話応対であろうとも、面接試験の一つのステージだと認識して応対しましょう。勿論のこと、企業との電話応対や電話のマナーが認められれば、高評価になるわけなのだ。
今頃精力的に就職活動や転職の活動をしている、20代、30代といった世代の親だったら、堅実な公務員や人気ある一流企業に入社することこそが、最善だと思うものなのです。

その担当者が自分自身の言いたいことをわかってくれているのかいないのかを見渡しながら、しっかりとした「トーク」ができるくらいになれば、どんどん採用の可能性も出て来るのではないでしょうか。
内々定とは、新規卒業者(予定者)に関する選考等における企業と企業の倫理憲章(取り決め)に、正式に内定を出すのは、10月1日以降にするべしと定めているので、それまでは内々定というかたちをとっているものなのだ。
無関係になったという立場ではなく、ようやく自分を認定してくれて、就職の内定まで決めてくれたその会社に対しては、謙虚な応答を心に刻みましょう。
学生の皆さんの身の回りには「自分のしたい事が明朗な」人はおられますか?そういう人なら、会社から見てのよい点が簡潔な人間と言えるでしょう。
例えて言うなら運送の仕事の面接試験を受ける場合、難関の簿記の1級の資格があることをアピールしても全然評価されないのであるが、逆に事務の仕事のときは、即戦力があるとして評価されるのです。

現在の職場よりも給料自体や就業条件がよい企業が見つかったとして、自ずから会社を変わることを要望するのであれば、こだわらずに決断することも肝心なのです。
いわゆる自己診断をする機会の注意を要する点は、実際的でない表現を使わないようにすることです。曖昧な世迷いごとでは数多くを選定している人事担当者を説得することはできないのです。
第一志望だった応募先からの連絡でないといった理由で、内々定の返事で考え込むことはありません。就職活動を完了してから、上手く内々定となった企業の中で選定するようにしてください。
具体的に勤務したいのはどのような企業なのかと確認されたら、答えに詰まってしまうが、今の勤め先に対して感じている不満については、「自分に対する評価が正しくない」と感じている人がそこかしこに存在します。
役に立つ実務経験が十分にある方ならば、いわゆる人材紹介会社でも利用価値はとてもあるのです。そういった新卒者ではなく、人材紹介会社を介して社員を募集している場合は、確実に即戦力を雇い入れたいのです。

このページの先頭へ