高知県にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

高知県にお住まいですか?高知県にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングです。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで
豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。 さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。 より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。当サイトは、転職をがんばろうとしている人に向けて記事を書いています。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のアピールポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:お祝い金がもらえる!
     →正社員/週32時間以上:@2万円,パート/週32時間未満:@5,000円
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開
    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 「保育のお仕事が業界トップクラスのサービスである」と言われいて そのため、メディアにも多数取り上げられています。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方
    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。
    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!

    【転職する際に重要視しているポイント】
    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内などの働く場所
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設
    ※また、保育士さんは過酷な労働状況に悩み、転職を考える人がいる一方で  女性が多い職場ということから人間関係に悩み、転職を検討する保育士さんも多数いらっしゃいます。
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。
    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



多くの場合就活する折に、申請する側から企業へ電話をかける機会はレアケースで、逆にエントリーした企業のほうからの電話を受ける機会の方が断然あるのです。
新規採用以外で仕事を探すには、アルバイト・派遣でもなんでもいいので仕事の履歴を作り、小さめの会社をターゲットとして無理にでも面接を受ける事が、大体の近道です。
面接という様なものには「数値」とは違って絶対的な正解がありませんから、どの部分が気に入られてどの部分が気に入られなかったのか、という判定の基準は企業が違えば変わり、それどころか面接官が交代すれば違うのが現実にあるのです。
時折大学を卒業したら、新卒から急きょ外資系の企業を目指す人もいるけれど、やっぱり現実的にはたいていは、まずは日本国内の企業で採用されて経験を積んでから、30歳あたりで外資系企業に転身というパターンである。
私自身を磨きたい。一段とスキル・アップできる就労先を見つけたい、。そんな要望をしょっちゅう聞きます。現状を打破できないことを発見して転職情報を集め始める人が非常に多い。

【知っておきたい】成長分野には、ほかの業界にはないビジネスチャンスに遭遇する機会がたくさんあるものだ。新規事業開始のチャンスもあるし、新しく子会社や関連会社を作ったり、重要な事業やチームなどを担当させてもらえる可能性が高くなることが多い。
面接試験というのは、わんさとやり方が実施されている。これから個人面接、集団での(複数の応募者が参加するもの)面接、加えてグループ討議などを特に詳細に掲載しているので、参照してください。
正しく言うと退職金があっても、解雇ではなく本人からの申し出による退職のケースは会社によって違うけれど、当然解雇されたときほどの額は受け取れませんので、とりあえず再就職先をはっきり決めてから退職する方がいい。
しばしば面接の進言として、「本当の自分の言葉で話しなさい。」という内容を聞くことがあります。しかし、自分の本当の言葉で会話することの意味することが飲み込めないのです。
注意が必要なのは、人材紹介会社はたくさんあるが、成り立ちとしては今の会社を辞めて転職を望んでいる人向けのサービスなのである。だから会社での実務上の経験が最低でも2~3年程度はないと対象にならないのです。

就職活動において最終段階となる難関の面接選考についてここではわかりやすく解説しましょう。面接試験は、応募者と採用する職場の人事担当者による対面式の選考試験の一つということ。
色々な企業により、仕事の仕組みや自分がやりたい仕事も様々だと思いますので、会社との面接で強調する内容は、それぞれの企業によって違っているのがしかるべき事です。
おしなべていわゆる最終面接で質問されることというのは、その前の段階の面接の機会に既に尋ねられたことと同じような事になってしまいますが、「当社を志望した動機」が最も多く質問される内容です。
ようやく就職できたのに就職できた企業を「思っていたような職場じゃない」とか、「辞めたい!」などと思う人なんか、どこにでもいるのが当たり前。
ただ今、就職活動をしている会社が、本来の第一希望ではなかったために、希望する動機が分からないという迷いが、時節柄増加しています。


やっとこさ準備のフェーズから面談まで、長い順序を踏んで内定されるまでたどり着いたのに、内々定の連絡後の処置を誤ってしまっては振り出しに戻ってしまう。
今の勤め先よりもっと収入自体や職場の待遇が手厚い会社が実在したとしたら、我が身も別の会社に転職を志望中なのであれば、思い切って決断することも大事でしょう。
面接の際は、就職希望者がどのような人なのかを把握するための場所ですから、セリフを上手に読みあげる事が評価されるのではありません。誠心誠意話しをしようとする努力が大事なのです。
今は成長企業とはいうものの、確かに就職している間中保証されている、そうじゃあり得ません。企業を選ぶときにそこのところについても慎重に情報収集しておこう。
売り言葉につい買い言葉ということで、「こんなところもう願い下げだ!」などといった感じで、非理性的に離職する人もいるようですが、こんなに世の中が不景気のときに、性急な退職は明らかに間違いです。

「自分の持っている能力をこの職場でならば役立てられる(会社に功労できる)」、そんな訳で先方の企業を入りたいのだといった動機も、有効な重要な希望理由です。
この場合人事担当者は、実際の力を試験などで読み取って、「企業に必要で、活躍できそうな人か?」注意して選抜しようとしているのだと感じるのだ。
自己診断をするような際の注意すべき点は、抽象的な表現を使わない事です。精神的なたわごとでは、採用担当者を合意させることは困難なのです。
自己診断が必要であるという人の考え方は、自分と息の合う職と言うものを彷徨しながら、自分の長所、心惹かれること、得意分野を認識することだ。
電話応対であったとしても、面接試験の一部分だと位置づけて取り組みましょう。当然のことながら、そのときの電話の応対であったり電話での会話のマナーが優れていれば、高い評価を受けることになるということ。

もう関心ないからというといった見解ではなく、どうにかしてあなたを評価して、ひいては内定までしてくれた会社に臨んで、真情のこもったリアクションをしっかりと記憶しておきましょう。
昨今就職内定率が悪化し過去最悪と言われているが、そうした中でも手堅く合格通知をもらっているという人が少なからずいるわけです。内定の返事がもらえる人ともらえない人の違うところはどこなのか。
面接選考に関しては、終了後にどこがダメだったのか、ということをフィードバックしてくれる懇切丁寧な会社はまずないので、求職者が改良すべき部分をチェックするのは、容易ではないと思います。
できるだけ早く、新卒以外の社員を増やしたいと計画している会社は、内定が決まってから相手の返事までの間を、長くても一週間程度に制限枠を設けているのが一般的なケースです。
就職したまま転職活動するような事例は、親しい人に話を聞いてもらうことも厄介なものです。新規での就職活動に照らし合わせてみると、考えを聞ける相手は相当限定された範囲になってしまいます。

このページの先頭へ