神奈川県にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

神奈川県にお住まいですか?神奈川県にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


外資系企業で働く人は、決して珍しくはない。外資系の会社に就職するというと、ちょっと前までは中途採用のすぐに戦力となる人材を採用する空気があったが、今時は、新卒の入社に前向きな外資系企業も目を引くようになっている。
「飾らないで本音をいえば、転業を決意した原因は給料のためなんです。」こんなパターンも聞きます。有名な外資系IT企業のセールス担当の30代男性のケースです。
まさに見たことのない番号や非通知の電話から電話が鳴ったら、当惑する心理は理解できますが、そこを耐えて、先行して自ら名前を名乗るべきです。
基本的に、人材紹介会社(職業紹介会社)というのは原則は、今の会社を辞めて転職を望んでいる人に利用してもらうところだから、実務で働いた経験がわずかであっても数年程度はないとサービスの対象としては見てもくれません。
第一希望の会社からの内々定でないからという理由なんかで、内々定に関する返事で困る必要はない。就職活動が全部終了してから、上手く内々定となった応募先の中でじっくりと選ぶといいのです。

仕事であることを話す折りに、抽象的に「どんな風なことを感じたか」ということではなく、おまけに具体的な逸話を入れて告げるようにしてみるといいでしょう。
「自分が積み重ねてきた力をこの事業でなら有効に利用することができる(会社の後押しができる)」、それゆえに御社を目指しているという場合も、有効な大事な意気込みです。
一般的に会社というのは働いている人間に向けて、どんなにすばらしい条件で雇用契約してくれるのかと、早期の内に会社の利益アップに通じる能力を、出してくれるのかだけを期待しているのです。
転職を考慮する時には、「今の会社よりも更に賃金や待遇の良い勤務先があるかもしれない」こんな具合に、まずどのような人であっても空想することがあるはず。
就職活動に関して最終段階となる難関、面接選考に関わることの説明することにします。面接⇒応募した本人と人を募集している職場の採用担当者との対面式での選考試験の一つである。

なるべく早く、経験ある社員を採用しようという企業は、内定通知後の相手が返答するまでの日数を、一週間くらいに限定しているのが通常ケースです。
困難な状況に遭遇しても肝心なのは、自らを信じる強い意志です。きっと内定されると確信して、自分らしい一生をしっかりと踏み出していきましょう。
話を聞いている担当者があなた自身の言いたいことを把握しているのかを見つつ、よい雰囲気での「対話」ができるようになったら、採用されるようになるのではと感じます。
「筆記用具を必ず持ってくること」と記載があれば、筆記テストがある疑いが強いですし、いわゆる「懇親会」と載っているのなら、集団討論が開催される時が多いです。
仕事をやりつつ転職活動していく場合、周辺の友人に相談を持ちかけることも厄介なものです。学生たちの就職活動に照合してみると、話を持ちかけられる相手はちょっと少ないでしょう。


就職できたのに選んだ会社のことを「イメージと違う」場合によっては、「こんな会社にいたくない」なんてことを考える人なんか、掃いて捨てるほどいます。
バイトや派遣の仕事を通して得た「職歴」を伴って、多様な会社に面接をいっぱい受けに行ってみて下さい。つまるところ、就職も縁の側面があるため、面接を何回も受けることです。
よく聞かれる会社説明会とは、企業の側が催す就業に関連した説明会のことで、通称セミナーと呼ばれるものです。その企業を志望する学生や仕事を求めている人を集めて、会社の概観や募集に関する要点などをブリーフィングするというのがよくあるものです。
様々な事情があって、転職したいと心の中で望んでいるケースが増えているのである。そうはいっても、転職すると決めたはいいけれど、就職した後の人生が大きく異なるケースもたくさんあるのが実のところなのである。
あなたの前の担当者が自分自身の気持ちを認識できているのかを眺めながら、要領を得た「コミュニケーション」が普通にできるくらいになれば、どんどん採用の可能性も出て来るのではないかと思います。

就職面接の場面で緊張せずに最後まで答えるようにできるには、一定以上の練習が必須なのです。そうはいっても、本当に面接選考の場数を十分に踏んでいないときには緊張するものである。
何かにつけ面接の時のアドバイスとして、「自分の言葉で話してごらん。」という表現方法を見かけることがあります。だが、自分の口で語るということの意味することが通じないのです。
自分自身が言いたいことを、よく相手に話せなくて、いっぱい後悔を繰り返してきました。これから自己判断ということに時間を使うのは、もはや手遅れなのでしょうか。
諸君の身近には「自分の希望が一目瞭然の」人はいるのではないでしょうか。そういう人なら、企業の立場から見るとよい点が明瞭な人間と言えます。
いわゆる職安では、各種の雇用や会社経営に関連した社会制度などの情報があり、この頃では、いよいよ求職データの操作手順もグレードアップしたように感じられます。

面接試験と言うのは、あなた自身がどういう考え方の人なのかをチェックすることが第一義ですので、練習したとおりに話すことが絶対条件ではなく、一生懸命に表現しようとする姿勢が大切です。
いわゆる企業は社員に向かって、どれほど得策な条件で職に就いてくれるのかと、なるべく早くに会社の利益アップに引き金となる能力を、活用してくれるのかといった事だけを待ち望んでいます。
面接の場面では、100%転職理由を聞いてきます。「どのように考えて辞めたのか?」は、どんな会社も最も興味のある問題です。そんな意味から、転職理由をきちんと用意しておくことが不可欠です。
第一志望の企業からの通知でないという理由なんかで、内々定についての企業への意思確認で苦慮する必要はまったくない。就職活動を完了してから、内々定をくれた会社からじっくりと選ぶといいのです。
何か仕事のことについて話す節に、少し曖昧な感じで「どんな風なことを考えているか」だけでなく、其の上で現実的な例を取り入れて相手に伝えるようにしてみることをお薦めします。


就職したもののとってくれた会社について「当初の印象と違った」または、「退職したい」そんなことを思ってしまう人は、腐るほどいるのである。
報酬や労働条件などが、どの位厚くても、仕事をしている状況自体が悪化してしまったら、再度よその会社に行きたくなる確率が高いでしょう。
「氷河時代」と最初に命名された頃の若者世代では、新聞記事や世間の空気に受け身でいるうちに「仕事があるだけで貴重だ」などと、仕事に就く先をあまり考えず決定してしまった。
日本企業において体育会系出身の人が採用さることが多い理由は、言葉遣いがしっかりしているからに違いありません。いわゆる体育会系の部活動の世界では、先輩後輩といった上下関係が固く守られており、おのずと覚えるものなのです。
働きながら転職活動するような際は、親しい人に考えを聞くことも難しいでしょう。仕事を辞めてからの就職活動に突き合わせてみると、考えを聞ける相手はちょっと狭い範囲の人になるでしょう。

いまの時点で就業のための活動や転職活動をするような、20代、30代のジェネレーションの親にしてみれば、確実な公務員や有名な大手企業に入社する事が叶うならば、理想的だと思うものなのです。
「自分がここまで育成してきた腕前や特殊性を利用して、この仕事を欲している」という風に自分と紐づけて、かろうじてその相手に妥当性をもって理解されます。
「自分で選んだ事ならどんなに辛酸をなめてもしのぐことができる」とか、「自らを高めるためにことさら過酷な仕事をすくい取る」というような場合は、割とよく聞いています。
「希望する職場に向けて、自らという素材を、どれだけ見事で輝いて見えるようにプレゼンテーションできるか」という能力を高めろ、ということが大事なのだ。
面接と呼ばれるものには完璧な正解はありませんので、どの部分が気に入られてどの部分が気に入られなかったのか、という合否基準は会社独特で、なんと同じ応募先でも担当者の違いで違うのが今の状態です。

基本的に、人材紹介会社というのは、もともとは、社会人で転職希望の人を対象としたところだから、実績となる実務経験がどんなに短くても2~3年程度はないと利用できません。
面接において肝心なのは、印象なのです。たった数十分しかない面接によって、あなたの一部しか理解できない。結果、合否は面接での印象に左右されていると言えるのです。
就職先を選ぶ観点は2つで、片方はその会社のどのような所に好意を持ったのか、二番目は、自分はどんな業務に就いて、どんなやる気をつかみたいと想定していたのかという所です。
気になる退職金であっても、解雇ではなく本人からの申し出による退職ならその会社にもよるが、一般的に全額は支給されない。だから先に転職先が確保できてから退職するべきなのです。
求職活動の最終段階の試練、面接に関してわかりやすく解説しましょう。面接というのは、応募者本人と応募した先の担当者との対面式による選考試験なのである。

このページの先頭へ