神奈川県にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

神奈川県にお住まいですか?神奈川県にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングです。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで
豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。 さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。 より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。当サイトは、転職をがんばろうとしている人に向けて記事を書いています。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のアピールポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:お祝い金がもらえる!
     →正社員/週32時間以上:@2万円,パート/週32時間未満:@5,000円
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開
    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 「保育のお仕事が業界トップクラスのサービスである」と言われいて そのため、メディアにも多数取り上げられています。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方
    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。
    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!

    【転職する際に重要視しているポイント】
    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内などの働く場所
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設
    ※また、保育士さんは過酷な労働状況に悩み、転職を考える人がいる一方で  女性が多い職場ということから人間関係に悩み、転職を検討する保育士さんも多数いらっしゃいます。
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。
    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「私が今に至るまで育ててきた固有の能力や才能を利用して、この仕事に役立てる」というように今までの自分と繋げて、とうとう担当者にも説得力を持って響くのです。
いまの時点で本格的に就職や転職の活動をしている、2、30代の年代の親だったら、堅実な公務員や一流の大手企業に入れるならば、最善の結果だと思うでしょう。
就職面接試験で緊張せずに受け答えするということを実現するには、一定以上の実践が要求されます。とはいえ、本当に面接試験の場数を十分に踏んでいないときにはほとんどの人は緊張する。
圧迫面接というイヤな面接手法で、底意地の悪い質問をされたような時に、ついつい怒ってしまう人がいます。同感はできますが、気持ちを見せないようにするのは、社会での基本事項といえます。
会社説明会というものから列席して、一般常識などの筆記試験や何回もの面接と運んでいきますが、別経路として実際の仕事を垣間見る、インターンシップやOBへの訪問や採用担当者との面接による等の方式もあります。

「自分が養ってきた能力を御社ならば活用できる(会社のために貢献する)」、そのような理由でそういった会社を入りたいのだといった動機も、有望な重要な要素です。
何度も就職選考にチャレンジしているなかで、非常に残念だけれども不採用とされてしまうケースがあると、十分にあったモチベーションが日増しに落ちることは、努力していても普通のことです。
第二新卒⇒「一旦就職したものの数年で退職した若者(一般的には25歳程度まで)」を指す名称なのです。現在では早期に離職してしまう新卒者が増加傾向にあることから、この名称が現れてきたのだと思います。
面接試験と言うのは、希望者がどのような人なのかを把握するための場所ですから、準備した文章を上手に読みこなすことが要されているわけではなく、一生懸命にアピールすることが大切です。
かろうじて手配の段階から面接のレベルまで、長い段階を踏んで内定の通知を貰うまでこぎつけたのに、内々定が出た後の出方を抜かってしまってはご破算になってしまいます。

実際、就職活動の最初は、「希望の会社に入社するぞ」と力が入っていた。けれども、数え切れない程不採用の通知ばかりが届いて、最近ではもう採用の担当者に会うことでさえできないほどの恐怖を感じている自分がいます。
外資の企業の勤め先で追及される商売する上でのビジネスマナーや技術は、日本の会社員の場合に必須とされる動き方や業務経験の枠を大変に超過しているのです。
現在進行形で、就職活動中の会社そのものが、元より第一希望ではなかったために、志望動機というものが記述できない不安を訴える人が、今の季節には少なくないといえます。
本当のところ就活の時に、出願者のほうから応募先に電話をかける機会はほとんどなくて、応募したい企業のほうからの電話連絡をもらう場面の方がかなりあります。
折りあるごとに面接の時に薦めるものとして、「本当の自分の言葉で話しなさい。」という内容を聞くことがあります。ところがどっこい、自分の心からの言葉で語るということの意図が通じないのです。


転職活動が新卒者などの就職活動と全く違うのは、「職務経歴書」と言われます。伝えたい職場でのポジションや詳細な職務内容を企業の担当者に理解しやすく、ポイントをはずさずに完成させることが要されます。
なるべく早いうちに、中途の社員を雇用したいともくろんでいる企業は、内定の連絡後の相手の回答までの日時を、短い間に制限枠を設けているのが大部分です。
楽しんで作業を進めてもらいたい、少しずつでも条件のよい扱いを与えてあげたい、将来における可能性を引き出してあげたい、育ててあげたいと雇用主の側も考えているものです。
就職活動を行う上で最後にある難関の面接選考についてここでは説明させていただく。面接試験⇒応募者と企業の採用担当者による対面式の選考試験なのである。
就職活動というのは、面接してもらうのも応募したあなたですし、試験しなくてはならないのも応募するあなたです。けれども、場合によっては、相談できる人や機関の意見を聞くのも良い結果を招きます。

何と言っても、わが国の秀でたテクノロジーの多くは、大企業ではなく、中小企業のありふれた町工場で生まれています。賃金面も福利厚生も魅力的であるなど、素晴らしい企業もあると聞いています。
「自分自身が今に至るまで育成してきたこんな力量や特質を活用して、この仕事に就きたい」といったように自分と照応させて、やっとこさ初めて面接の場でも論理性をもって通用します。
そこが本当に正社員に登用できる制度がある職場かどうか見定めたうえで、可能性があるようなら、一応アルバイト、または派遣として働きつつ、正社員を目指すことが正解だと思います。
転職という様な、言ってみれば最後の手段を今まで繰り返し使ってきた経歴がある人は、ひとりでに離転職したという回数も積み重なるものです。そんな理由から、1個の会社の勤務年数が非常に短いということが目に付きやすくなると言えます。
何日間も応募活動を休んでしまうことには、マイナスが考えられます。今なら人を募集をしている企業も応募できなくなってしまう可能性も十分あるということなのです。

それぞれの会社によって、業務の実態や望んでいる仕事なども異なると感じるため、あなたが面接で売りこむ内容は、様々な会社によって異なってくるのが言うまでもありません。
別の会社に就職しながら転職活動を行う場合は、周辺の人達に相談することそのものが困難でしょう。仕事を辞めてからの就職活動に突き合わせてみると、相談を持ちかけられる相手はある程度限定的な範囲の人になるでしょう。
現段階で、本格的に就職活動をしている会社自体が、一番最初からの希望している企業でないために、志望の動機がはっきり言えないという葛藤を持つ人が、この時節には少なくないといえます。
分かりやすく言うと運送の仕事などの面接において、難しい簿記1級の資格を取っていることを伝えても評価の対象にならない。事務職の面接のときだったら、高い能力の持ち主として評価されることになる。
「文房具を持ってくること」と載っていれば、記述式のテストの可能性がありうるし、よくある「懇談会」とある場合は、グループに別れてのディスカッションが取り行われる確率が高いです。


「私が現在までに育成してきた固有の能力や才能を活用して、この仕事に就きたい」という風に自分と突き合わせて、なんとか会話の相手にも信じさせる力をもって意欲が伝わります。
気分良く業務を進めてもらいたい、少々でも良い条件を与えてあげたい、その人の可能性を向上させてあげたい、育ててあげたいと雇用主の側も考慮しています。
もちろん就職活動は、面接試験を受けるのもエントリーした自分ですし、試験をされるのも応募した本人に違いありません。しかし、気になったら、公共の機関の人に助言を求めることもいいことがある。
長い期間企業への応募を一旦ストップすることについては、デメリットが見られます。今なら募集中の会社も応募できるチャンスが終了する場合もあるということです。
応募先が実際に正社員に登用する気がある会社かどうか明白にしてから、登用の可能性を感じたら、最初はアルバイトやパート、派遣として働きながら、正社員になることを狙うということでもいいのではないでしょうか。

現在の仕事の同業者の中に「家族の口添えでシステムエンジニアから、この業界に転職してきた。」という経歴の人がいて、その男に言わせればシステムエンジニアだった頃のほうが百倍も楽な内容だったとのこと。
「自分が好きな事ならどれほど辛くても辛抱できる」とか、「自分を向上させるために強いてハードな仕事を指名する」という事例、よく聞く話ですね。
就職できたのに選んだ企業のことを「思っていたような職場じゃない」であるとか、「こんな会社にいたくない」そんなことを考える人は、ありふれているのが当たり前。
正直に言うと就職活動をしている際には、自己分析なるものを経験しておくほうが強みになると言われてためしてみたけれど、正直言って全然役に立たなかったということです。
「自分の育んできた能力をこの企業ならば活用できる(会社に役立てる)」、ですから先方の会社を第一志望にしているというようなことも、ある意味では重要な理由です。

【就活のための基礎】成長中の業界には、素晴らしいビジネスチャンスがたくさんあると言える。新規事業参入の機会もあれば、子会社や関連会社の設立に携わったり、大事な事業やチームをまかせてもらえる確率が高くなることが多いのです。
企業ガイダンスから加わって、筆記テストや面接試験と進行していきますが、別のルートとしてインターンやOBへの訪問やリクルーターとの面談等による活動方法もあります。
一部大学を卒業したときに、新卒から外資系企業への就職を目指す方もいないわけではないが、やはりおおむねは、国内企業で勤務して経験を積んでから、30歳あたりになってから外資に転職というパターンの方が多いのだ。
なんとか準備の場面から面接の過程まで、長い順序を過ぎて内定の通知を貰うまで行きついたのに、内々定のその後の対応措置を誤認してしまっては台無です。
己の能力をステップアップさせてキャリアを積みたいとかこれまで以上に自分の力を伸ばすことができる勤め先で就職したい、といった望みを耳にすることがしょっちゅうあります。自分が伸びていないと気づくと転職を意識する方が非常に多い。

このページの先頭へ