滋賀県にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

滋賀県にお住まいですか?滋賀県にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


第二新卒って何のこと?「一度は就職したものの約3年以内に退職した若年の求職者」のことを表す言葉。このところ数年程度という早期退職者が増加しているので、このような呼び名が誕生したと思われます。
最近忙しく就職や転職のための活動をしているような、20代から30代の年齢層の親からしたら、地道な公務員や人気の大手企業に就職できるならば、最も好ましいと思われるのです。
勤めてみたい企業はどんな企業?と問われても、答えがでてこないけれども、今の勤め先での不満については、「自分に対する評価が正当ではない」と意識している人が多数いるということがわかっています。
【知っておきたい】成長中の業界には、めったにないビジネスチャンスに出会うことがたくさんある。そのため新規事業開始のチャンスもあれば、子会社を設立したり、新規事業やチームなどの責任者などを任される可能性が高くなることが多い。
本当のところは就職活動の当初は、「就職活動がんばるぞ!」と力が入っていたけれども、いくらやっても不採用ばかりが続いて、こうなってくるとすっかり担当者の話を聞くことすら無理だと思っているのが本音です。

求職活動の最後に迎える関門、面接による採用試験のことを解説することにします。面接による試験は、応募者であるあなたと募集をかけている会社の人事担当者による対面式の選考試験である。
現在の時点では、志望する会社ではないという可能性もありますが、今募集しているそれ以外の会社と鑑みて、ほんの僅かであっても良い点だと感じる所は、どんな所かを考察してみましょう。
売り言葉につい買い言葉となって、「こんなところもう願い下げだ!」などと、むきになって離職を申し出てしまう人も見られるけど、こんなに世の中が不景気のときに、勢いだけで退職することは恐ろしい結果を招きます。
分かりやすく言うと事務とは無関係な運送業などの面接を受ける場合、いくら簿記の1級の資格があることを伝えてもまったく評価されません。事務職の面接のときになら、即戦力をもつとして期待されるのだ。
続けている就職活動や情報収集を休んでしまうことには、ウィークポイントが想定されます。今現在は人を募集をしているところも応募できなくなってしまうこともあると断言できるということなのです。

それぞれの企業によって、商売内容やあなたが就きたい仕事もそれぞれ異なると想定しますので、面接の際に宣伝する内容は、それぞれの企業によって異なっているのが言うまでもありません。
大企業であり、何千人も応募者がいる企業では、選考にかけられる人員の限界もあったりして、まずは出身校などで、お断りすることは実際に行われている。
電話応対であろうとも、面接の一つのステージだと意識して応対するべきです。逆に見れば、担当者との電話の応対やマナーがよいと感じられれば、高い評価を得られるという仕組み。
自分自身の内省を試みる場合の注意すべき点は、抽象的すぎる表現をなるべく使用しないことです。曖昧な言葉づかいでは、多くの応募者を選んでいる人事担当者を説得することは大変に困難なことでしょう。
学生諸君の周辺の人には「その人のやりたいことがわかりやすい」人はおられますか?そんな人こそ、会社が見た場合によい点が簡潔な人間になるのです。


面接というのは、さまざまなスタイルがあるのです。このホームページでは個人面接、集団での(複数の応募者が参加するもの)面接、さらにグループディスカッションなどをメインとして掲載しているので、目安にしてください。
外国企業の仕事場で望まれる職業上の礼儀作法や技術といったものは、日本において社会人として要望される動き方やビジネス履歴の枠を大幅に超えているといえます。
就職活動を行う上で最終段階となる難関である面接による採用試験に関わることの詳しくお話しいたします。面接というのは、エントリーした人と企業の担当者との対面式による選考試験である。
「魅力的な仕事ならどれほど過酷でもしのぐことができる」とか、「自分自身を成長させるなら積極的に困難な仕事をセレクトする」という事例、よく聞いています。
具体的に勤務したい企業とは?と言われたら、答えがうまく出ないけれども、今の勤め先での不満については、「自分に対する評価が間違っている」という人が多数存在しています。

ストレートに言うと就職活動において、自己分析(キャリアの棚卸)を行った方がよいのでは?とハローワークで聞いてすぐに行いましたのだけれども、聞いた話とは違って全然役に立たなかったのだ。
圧迫面接という高圧的な面接で、いじわるな問いかけをされたとしたら、不注意に怒ってしまう人がいます。その気持ちはよく分かりますが、生々しい感情を秘めておくのは、社会での最低限の常識です。
ここのところさかんに就職活動や仕事を変える為に活動している、20~30代の年齢層の親からしたら、地方公務員や有名な大手企業に入ることこそが、最良の結果だと思うでしょう。
面接の場面では、確実に転職理由を聞かれるでしょうね。「どのように考えて退職したのか?」は、どんな会社も最も興味のある問題です。それもあって、転職した理由については考えておくことが求められます。
一般的に企業というものはあなたに相対して、どんなに好ましい条件で職に就いてくれるのかと、最も早く企業の直接の利益貢献に関連する力を、機能してくれるのかだけを心待ちにしているのです。

面接選考のとき重要になるのは、あなたの印象。長くても数十分しかない面接なんかでは、あなたの一部しかわからない。つまり、採否は面接のときの印象が決めると言ってもいいのです。
初めに会社説明会から参入して、適性検査などの筆記試験、面接試験と順番を踏んでいきますが、それ以外にも具体的なインターンシップや卒業生を訪問したり、リクルーターとの面談等による手法もあります。
就職できたのに選んでくれた会社のことを「こんなはずじゃあなかった」や、「こんな会社にいたくない」そんなことを考えてしまう人は、腐るほどいて珍しくない。
就職の為の面接を経験するうちに、段々と見解も広がるため、主体がなんだかわからなくなってしまうというような例は、しょっちゅう多くの人に共通して感じることです。
上司の決定に不服なのですぐに辞表を出してしまう。つまりは、ご覧の通りの短絡的な思考回路を持つ人に相対して、採用担当の部署では警戒心を持っていると言えます。


いわゆる会社説明会とは、会社側が主催する仕事の説明会のことで、セミナーとも呼称されます。その会社を志望する学生や応募者を集めて、企業の概括や募集の摘要などを情報開示するというようなことが代表的です。
例を挙げると事務とは無関係な運送の仕事の面接では、せっかくの簿記1級の資格を取っていることを伝えても一切評価されないけれど、事務の仕事の場合だったら、即戦力の持ち主として評価されることになる。
面接のときに肝心なのは、印象に違いありません。短い時間の面接試験で、あなたの特質は理解できない。だから、合否は面接の時に受けたあなたの印象に影響されると断定できそうです。
大きな成長企業とはいえ、変わらず将来も安全、そんなわけではない。だからその部分についてはしっかり研究するべきである。
自分も就職活動を始めたときは、「目標の会社の採用を勝ち取るぞ」と本気だったのだが、毎度毎度不採用ばかりが続いて、最近ではすっかり担当者の話を聞くことすら恐怖でできなくなってしまうのです。

ただ今、就職運動をしている企業そのものが、本来の志望企業でなかったので、志望動機自体が言ったり書いたりできないという迷いが、この頃は多いのです。
ついに根回しの段階から個人面接まで、長い階段を上がって内定してもらうまで到着したのに、内々定の後日の反応を誤ってしまってはふいになってしまう。
重要なことは、勤務先を選ぶときは、是非ともあなたの欲望に忠実になって選択することであり、どんな理由があっても「自分のほうを応募先に合わせなければ」などということを考えてはダメである。
現在よりも賃金や職場の条件が手厚い就職先が見つけられた場合、あなた自身も転職したいと志望中なのであれば、遠慮しないでやってみることも重要でしょう。
ここのところ就業のための活動や仕事変えの為の活動をしているような、20代、30代といった世代の親にしてみれば、地方公務員や有名な大手企業に入社できることこそが、最良の結果だと考えているのです。

すなわち仕事探しをしているときに、掴みたい情報は、職場のイメージまたは自分のやりたい仕事かどうかなどがメインで実質な仕事内容とは異なり、応募する企業そのものをうかがえるものということだ。
採用試験の時に、応募者だけのグループディスカッションを実施している企業は増えている。会社サイドは普通の面接では知り得ない本質の部分を確かめるのが意図なのである。
注意!人材紹介会社や職業紹介会社は、原則は、転職を望んでいる人に利用してもらう企業やサービスだ。だから実際の経験が悪くても2~3年くらいはなければサービスの対象としては見てもくれません。
外資系の会社で就業している人は、今では既に珍しくない。外資系の会社と言ったら、少し前なら中途採用のすぐさま戦力となる人を採用する雰囲気でしたが、今頃では、新卒の就業に前向きな外資系会社も目を引くようになっている。
最新の就職内定率がとうとう過去最悪らしい。そうした中でも確実に採用内定を掴み取っているという人がいるわけです。じゃあ採用してもらえる人と採用されない人の決定的な違いは何なのでしょうか。

このページの先頭へ