東京都にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

東京都にお住まいですか?東京都にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングです。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで
豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。 さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。 より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。当サイトは、転職をがんばろうとしている人に向けて記事を書いています。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のアピールポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:お祝い金がもらえる!
     →正社員/週32時間以上:@2万円,パート/週32時間未満:@5,000円
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開
    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 「保育のお仕事が業界トップクラスのサービスである」と言われいて そのため、メディアにも多数取り上げられています。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方
    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。
    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!

    【転職する際に重要視しているポイント】
    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内などの働く場所
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設
    ※また、保育士さんは過酷な労働状況に悩み、転職を考える人がいる一方で  女性が多い職場ということから人間関係に悩み、転職を検討する保育士さんも多数いらっしゃいます。
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。
    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


よくある会社説明会とは、会社側が主催する就職説明会のことで、セミナーとも称されるものです。その企業を志望する学生や仕事を探している人を招集して、その会社の会社概要や募集要項などのあらましを開設するというのが普通です。
誰でも知っているような企業のうち、数千人の応募がある企業では、人員上の限界もあったりして、まずは大学で、篩い分けることはどうしてもあるのです。
面接すれば、非常に高い確率で転職理由について質問されるだろう。「どんな事由で退職したのか?」に関しましては、どんな会社も最も重要視するポイントです。そんな訳で、転職理由を熟慮しておくことが大切だと考えます。
重要なことは?会社を選ぶ場合は、必ず自分の希望に忠実になって決定することであって、絶対に「自分のほうを就職先に合わせなければ」などということを考えてはならないと言えます。
就職の選考試験で、応募者同士のグループディスカッションを実施している企業は増えています。人事担当者は普通の面接では伺えない特性などを観察するのが意図なのである。

「入社希望の企業に相対して、わたし自身というヒューマンリソースを、どうにか優秀ですばらしく売りこめるか」という能力を養え、ということが重要だ。
企業というものはいわば、自己都合よりも会社組織の段取りを先にするため、随時、合意できない配置異動があるものです。当然ながらその人には不服でしょう。
強いて挙げれば運送の仕事の面接では、せっかくの簿記1級の資格を取っていることをアピールしてもほぼ評価されないけれど、逆に事務職の面接の場合であれば、高いパフォーマンスがある人材として評価されることになる。
自分を省みての自己分析が重要だという人の考え方は、自分と合う職務内容を求めて、自分自身の持ち味、注目していること、真骨頂を自分で理解することだ。
別の会社に就職していた者が就職口を探すなら、バイトや派遣でもいいので仕事経験を積み上げて、あまり大きくない会社を目指してなんとか面接をしてもらう事が、大体の抜け穴です。

長い期間仕事探しを一旦ストップすることについては、良くない点が想定されます。今は応募可能な企業も求人が終了する可能性だって十分あると想定されるということです。
全体的に、人気のハローワークの就職斡旋で就職決定するのと、普通の人材紹介会社で就職する機会と、両陣営を並行して進めるのが良い方法だと思われます。
必ずこんな仕事がやりたいという仕事もないし、どれもこれも良さそうと迷った末に、挙句自分がやりたい仕事は何なのか面接で、整理できず伝えられないのだ。
ちょくちょく面接の進言として、「自分だけの言葉で話しなさい。」との言葉を見かけることがあります。しかし、自分の心からの言葉で話をするという言葉の意味することが推察できないのです。
確かに未知の番号や非通知の番号から電話があったりすると、神経質になる胸中はわかりますが、なんとか抑えて、初めに自分から名前を告げたいものです。


もっと成長させてキャリアを積みたい。これまで以上に前進できる就業場所を探したい、。そんな申し入れをよく耳にします。自分自身を磨けていないと気づいたときに転職を思い浮かべる方がとても多い。
本当のところは就職活動の最初の時期は、「いい会社を見つけるぞ」と本腰を入れていたのだが、ずっと不採用の通知ばかりが届いて、このごろはすっかり会社に説明を聞くことでさえ恐れを感じて動けなくなってしまいます。
就活で最後の試練、面接による試験に関わることの説明することにします。面接、それは求職者と採用する職場の採用担当者との対面式による選考試験なのである。
できるだけ早く、経験豊富な人材を増強したいと計画している会社は、内定を通知した後の返事までの日数を、長くても一週間程度に限っているのが普通です。
当然かもしれないが人事担当者は、採用を希望している人の本当の適格性について読み取ることで、「企業に必要で、そして仕事をこなしてくれそうな人物かどうか」本腰を入れて確かめようとするのだ。そう感じています。

離職するという覚悟はないのだけれど、うまく今よりも月収を多くしたいのだという場合なら、まずは資格取得に挑戦してみるのも一つの手段に違いないのでしょう。
総じて最終面接の次元で尋ねられることといったら、これまでの面接の折に尋ねられたこととだぶってしまいますが、「志望のきっかけ」がピカイチで多いようです。
頻繁に面接の時のアドバイスとして、「自分ならではの言葉で話しなさい。」というような言葉を聞くことがあります。さりながら、自分自身の言葉で話すということのニュアンスが通じないのです。
労働先の上司が仕事ができる人なら問題ないのだが、そうじゃない上司ということなら、どんなふうにして自分の能力を売り込めるのか、あなたの側が上司をけしかけることだって、大事だと思われます。
もう無関係だからという立場ではなく、汗水たらして自分を受け入れて、入社の内定まで決まった企業には、心ある対応姿勢を取るように努めましょう。

会社選びの視点は2つで、一つにはその企業のどんな点にそそられるのか、他には、あなたがどんな業務に就いて、どんな励みを獲得したいと感じたのかです。
一般的には就活で、応募する方から応募希望の職場に電話連絡することはあまりなくて、相手の企業のほうからの電話を受けるということの方が多くあるのです。
せっかく手配の段階から面接のステップまで、長い手順を踏んで内定の通知を貰うまで行きついたというのに、内々定の後日の出方を誤認してはご破算になってしまいます。
自らが言いたい事柄について、あまり上手に相手に言うことができなくて、数多く不本意な思いをしてきました。ただ今から省みての自己分析に時間を費やすのは、既に遅すぎるでしょうか。
通常、自己分析が第一条件だという人のものの見方は、自分に適した仕事を見つける為に、自分自身の取りえ、関心を持っている点、売り物を認識しておくことだ。


結論としましては、代表的なハローワークなどの求人紹介で就業するのと、一般の人材紹介会社で就職する機会と、いずれも並行していくことが適切かと考えている。
注意が必要なのは、人材紹介会社とか職業紹介会社というのは、もともとは、転職・再就職を希望の人が使うところです。したがって実務の経験ができれば2~3年くらいはないと対象にすらしてくれません。
今の仕事を換えるほどの気持ちはないのだけれど、どうあってもさらに月々の収入を多くしたいというケースでは、可能ならば資格取得にチャレンジするのもいい手法に違いないのでしょう。
面接選考に関しては、何がいけなかったのか、ということをフィードバックしてくれる親切な企業などはまずないため、応募者が自分で改善するべきところを認識するのは、とんでもなく難しいのである。
当座は、希望の企業ではないと思うかもしれませんが、求人を募集中のその他の企業と天秤にかけてみて、少しだけでも魅力的に思われる点は、どの辺りにあるのかを追及してみて下さい。

人材紹介業者とか派遣会社なんかは、応募した人が急に会社を辞めるなど失敗してしまうと、企業からも応募者からも評判が下がる。だから企業のメリットやデメリットを全て正直に聞くことができる。
時々面接の際のアドバイスに、「自分ならではの言葉で話しなさい。」というような言葉を認めることがあります。しかしながら、受け売りでない自分の言葉で語ることができるという意図がつかめないのです。
厳しい圧迫面接で、厳しい問いかけをされたとしたら、不注意に立腹する方もいるでしょう。その心は分かるのですが、気持ちを表に出さずにおくのは、社交上の最低限の常識です。
よく日本企業で体育会系の部活出身の人が高い評価を受けるのは、敬語がちゃんと使えるからではないでしょうか。体育会系といわれる部活動の世界では、常時先輩後輩という上下関係がきちっとしており、意識せずとも習得されています。
就職面接の際に緊張せずに試験を受けるようにするには、けっこうな実践が要求されます。ところが、本当の面接選考の場数をそれほど踏んでいないときには多くの場合は緊張するものです。

必ずこんな仕事がやりたいという明らかな展望もないし、あんなのもこんなのもと考えるあまり、挙句本当はどんな仕事がしたいのか面接を迎えても、分かってもらうことができないようになってはいけない。
自らが言いたい事柄について、うまいやり方で相手に伝達できなくて、たっぷり残念な思いをしてきました。これからいわゆる自己診断ということに時間を使うのは、既に遅すぎるでしょうか。
把握されている就職内定率が悪化し過去最悪らしいが、でも採用の返事をもらっているという人がいるのだ。じゃあ採用してもらえる人と採用されない人の大きな差はいったい何なのか。
面接試験には、数々のスタイルが実施されているので、このウェブサイトでは個人(1対1のありふれた面接)及び集団(複数の応募者が参加するもの)面接、合わせてグループ討議などを中心にお伝えしているから、目を通してください。
肝心だと言えるのは、就労先を選定する時は、絶対にあなたの欲望に正直になって選ぶことであり、決して「自分のほうを応募先に合わせなければ」なんてふうに考えてはならないと言えます。

このページの先頭へ