新潟県にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

新潟県にお住まいですか?新潟県にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングです。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで
豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。 さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。 より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。当サイトは、転職をがんばろうとしている人に向けて記事を書いています。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のアピールポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:お祝い金がもらえる!
     →正社員/週32時間以上:@2万円,パート/週32時間未満:@5,000円
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開
    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 「保育のお仕事が業界トップクラスのサービスである」と言われいて そのため、メディアにも多数取り上げられています。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方
    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。
    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!

    【転職する際に重要視しているポイント】
    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内などの働く場所
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設
    ※また、保育士さんは過酷な労働状況に悩み、転職を考える人がいる一方で  女性が多い職場ということから人間関係に悩み、転職を検討する保育士さんも多数いらっしゃいます。
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。
    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


結論としましては、公共職業安定所の引きあわせで就職する場合と、よく見かける人材紹介会社で就職する機会と、いずれもバランスを見ながら進めるのが良い方法ではないかと思われるのです。
面接というものには「数値」とは違って絶対的な正解はないから、どこが良かったのかまたは悪かったのかという基準は会社ごとに、なんと同じ応募先でも面接官によって全然異なるのが本当のところなのです。
何としてもこの仕事がしたいという仕事もないし、あれもこれも良さそうと考えた末に、最後になって実際のところ自分が何をしたいのか面接を迎えても、整理できず話せないようになってはいけない。
電話応対であるとしても、面接の一部分だと意識して応対しましょう。反対に、担当者との電話応対やマナーが良い印象として受け取られれば、高評価になるということ。
免許や資格だけではなくて実務経験が十分にあるということなら、いわゆる職業紹介会社でもかなり利用価値がある。そういった新卒者ではなく、人材紹介会社などによって人を探している働き口のほとんどは、即戦力を希望しているのである。

今の職場よりもっと賃金や職務上の処遇などがよい就職口があるとしたら、あなた自身も会社を変わることを望むなら、決断してみることも重要でしょう。
話題になった「超氷河期」と最初に呼びならわされた際の世代で、マスコミが報道することや社会のムードにどっぷり浸かる内に「就職が可能なだけありがたい事だ」などと、仕事に就く先をすぐに決定してしまった。
人によっていろいろな誘因があり、ほかの会社への転職を望む人が増えているのである。そうはいっても、転職すると決めたはいいけれど、転職した後の人生に今までとは大きな差が出るケースも少なくないのが実体なのだ。
企業というものはいわば、1人の人間の都合よりも組織の全体像としての都合を重要とするため、時折、気に入らない人事異動がよくあります。言わずもがなその当人には腹立たしいことでしょう。
バリバリと仕事をやりながら転職のための活動をする場合は、近しい人達に助言を得ることも困難なものです。仕事を辞めてからの就職活動に照らし合わせてみると、相談可能な相手は随分少ない人数になってしまいます。

何回か就職選考に立ち向かっているうちに、不本意だけれども落とされる場合ばかりで、高かったやる気が日を追ってどんどん落ちてしまうことは、用心していても起きることで、悩む必要はありません。
包み隠さずに言うと就職活動の際には、自己分析(キャリアの棚卸)を実行した方がいいのではとアドバイスをもらいリアルにトライしてみたのだが、ちっとも役には立たなかったということです。
ときには大学卒業時に、新卒から突然外資系への就職を目論む方もいるけれど、やっぱり現実的には多いのは、日本国内の企業で勤めてから、30歳くらいで外資系企業に転身というパターンである。
やっぱり人事担当者は、応募者の真の実力について選考などで読み取って、「企業に必要で、役に立ちそうな人物かどうか」を本気で突きとめようとしている。そのように思う。
今日お集まりの皆さんの身の回りの人には「その人のやりたいことが確実にわかっている」人はいないでしょうか。そんなタイプの人ほど、会社からすればよい点が使いやすい人といえます。


ひとまず外資系で就職したことのある人の大半は、そのまま外資の職歴を継承するパターンが多いです。換言すれば外資から後で日本企業を選ぶ人は、稀有だということです。
「自分の今持っている力をこの会社ならば有効に利用することができる(会社に尽力できる)」、そんな訳でその業務を目指しているといった理由も、的確な大事な動機です。
仕事のための面接を経験するうちに、確かに見解も広がるので、基準と言うものがよくわからなくなってくるという機会は、再々多数の人が思うことなのです。
売り言葉に買い言葉を返して、「こんなところもう辞める!」こんな言葉を吐いて、ヒステリックに退職を申し出てしまう人がいるのだが、こんなに世の中が不景気のときに、勢いだけで退職することはとんでもない結果に結びつきます。
本当のところは就職活動の初めは、「仕事探しをがんばるぞ!」とがんばっていた。けれども、数え切れない程試験に落ちて、こうなってくるともう会社に説明を聞くことでさえ無理だと思って行動できなくなっています。

通常の日本の会社で体育会系といわれる人が高い評価を受ける理由は、敬語がちゃんと使えるからではないでしょうか。いわゆる体育会系の部活では、常に先輩後輩といった上下関係がはっきりしているため、否が応でも学習できてしまうものだと言えます。
非常に重要なポイントは、企業を決定する時は、必ず自分の希望に正直になってセレクトすることであって、どのような場合でも「自分を会社に合わせよう」などと馬鹿なことを考えてはいけません。
実際、就職活動をしている際に、気になっている情報は、職場のイメージであったり職場環境などが多く仕事の内容というよりも、応募する企業そのものをわかりたいがためのものということだ。
自分自身が言いたいことを、そつなく相手に表現できず、いっぱい残念な思いをしてきました。ただ今からいわゆる自己診断に時間を使うのは、今更遅いのでしょうか。
外国籍企業の勤め先で欲しがられる職業上のマナーやスキルといったものは、日本人ビジネスマンとして所望される態度やビジネス履歴の水準を大変に突きぬけています。

例外的なものとして大学を卒業とあわせて、突然外資系への就職を狙う人も存在しないわけではないが、現実を見てみると大方は、日本企業で採用されて経験を積んでから、30歳くらいで外資に転身というパターンである。
ふつう会社は社員に向かって、どれだけの程度のすばらしい条件で勤めてくれるのかと、早いうちに会社の利益アップにつながる能力を、発動してくれるかだけを思惑しているのです。
勤めてみたいのはどのような会社なのかと問いかけられても、なかなか答えることができないものの、現在の勤め先に対する不満については、「自分に対する評価が正しくない」と意識している人がわんさと存在しております。
電話応対すら、面接であると意識して応対しましょう。逆に、企業との電話応対とか電話のマナーが合格であれば、高い評価となるわけです。
関わりたくないというといった視点ではなく、やっと自分を肯定して、内諾まで受けられた会社に対して、真心のこもったやり取りを心に留めましょう。


是非ともこんなふうにしたいという仕事もないし、あんなのもこんなのもと混乱して、挙句の果てに何がやりたいのか面接できちんと、整理できず伝えられないということではいけない。
先々、進歩しそうな業界に就職したいのなら、その業界が疑うことなく上昇している業界なのか、急激な成長に対処した経営が運営できるのかどうかをはっきりと見定めることが必要な条件でしょう。
相違なく記憶にない番号や通知なしで着信があったりすると、当惑する胸中はわかりますが、そこを耐えて、先んじて自らの名前を名乗るべきです。
大切なことは?応募先を選択するときは、絶対にあなたの欲望に正直になってセレクトすることであって、どのような場合でも「自分を就職先に合わせよう」なんてことを考えてはダメなのだ。
仮に事務とは無関係な運送の仕事の面接を受ける場合、難関の簿記1級の資格があることをアピールしてもまったく評価されません。事務職の試験のときは、高い能力をもつとして評価してもらえる。

いわゆる自己分析が入用だと言う人のものの考え方は、自分と合う仕事を見つける為に、自分の優秀な点、やりたいこと、売り物を認識することだ。
ただ今、さかんに就職活動をしている当の会社が、熱心に志望企業でなかったので、志望動機というものが見つけられないという葛藤を持つ人が、この頃の時分には少なくないといえます。
転職活動が学卒などの就職活動と決定的に違うところは、「職務経歴書」であります。今までの実際の職務経歴などを見やすく、要点を押さえて完成させることが要されます。
電話応対すら、面接試験のうちだと位置づけて応対しましょう。逆に見れば、担当者との電話の応対であったり電話での会話のマナーが認められれば、高評価に繋がるはずです。
すぐさま、経験豊富な人材を採用しようと計画している会社は、内定決定してから返事までの幅を、数日程度に制約しているのが多いものです。

上司の決定に不満だからすぐに転職。所詮、ご覧のような考え方を持つ人に向かって、人事担当者は用心を感じています。
転職を計画するときには、「今いる会社よりもずっと高待遇のところがあるのではないか」こんな具合に、必ずみんな揃って思いを巡らすことがあるはずなのだ。
言うに及ばず企業の人事担当者は、実際のコンピテンシーを選考などで読み取って、「企業にとって必要で、役に立ちそうな人か?」注意して選考しようとするのだ。そういうふうに思う。
「隠し事なく赤裸々な気持ちを話せば、転職を決定した最大の理由は収入のせいです。」こういった場合もあるのです。とある外国籍産業の営業関係の30代男性社員のエピソードです。
せっかく準備の場面から面接の局面まで、長い手順を踏んで内定されるまで行きついたのに、内々定を取った後のリアクションを勘違いしてしまってはお流れになってしまう。

このページの先頭へ