保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


収入や職務上の処遇などが、どれだけ良いとしても、毎日働いている状況自体が思わしくないものになってしまったら、またしてもよその会社に行きたくなる可能性があります。
最近本格的に就職や転職するために活動している、20代、30代といった世代の親の立場から見ると、地方公務員や大企業といった所に内定することこそが、最も好ましいと思われるのです。
就職できたのに採用になった職場のことを「当初の印象と違った」または、「ここをやめて違う会社に行きたい」そんなふうにまで思う人など、ありふれていて珍しくない。
面接試験というものは、受検者がどういう考え方の人なのかを認識する場だと考えられますから、原稿を間違えずに読むことが大切なのではなく、飾らずにアピールすることが大切です。
第二新卒は最近よく目にしますが、「一度は就職したものの数年で退職した若年者(一般的には25歳程度まで)」を示す言葉です。今日びは早期の退職者が増えている状況から、このような新しい名称が誕生したと聞きました。

度々面接時の忠告で、「本当の自分の言葉で話しなさい。」との言葉を見かけることがあります。ところが、自分自身の言葉で話をするという言葉の含意が理解できないのです。
辛くも根回しの段階から面接の段階まで、長い順序を踏んで就職の内定までたどり着いたのに、内々定の後の対応措置をミスしてしまってはぶち壊しです。
一般的に言って最終面接のステップで問いかけられるのは、それ以前の面談の折に尋ねられたこととだぶってしまいますが、「志望した要因」というのがとりあえず有力なようです。
「第一志望の企業に対して、おのれという人的財産を、どのくらい高潔で華々しく提案できるか」という能力を養え、といった意味だ。
せっかく続けている活動を中断することについては、覚悟しなければならないことがあるのです。現在なら募集中の企業も応募期間が終了するケースだってあると考えられるということです。

仕事で何かを話す場合に、少し曖昧な感じで「どんなことを考えているか」だけでなく、更に実際的な例をミックスして伝えるようにしたらよいのではないでしょうか。
職場で上司が有能ならラッキー。だけど、能力が低い上司という状況なら、いかに自分の才能を売り込めるのか、あなたの側が上司をけしかけることだって、重要です。
すなわち仕事探しの最中に、気になっているのは、企業の風土または自分の興味に合うかなど、自分がやるべき仕事の詳細よりも、応募する企業そのものを把握したい。そう考えての内容なのです。
自分の主張したい事を、上手な表現で相手に知らせられなくて、今までに沢山悔いてきました。ただ今からいわゆる自己分析ということに時間を割くのは、既に遅いのでしょうか。
就職説明会から関与して、適性検査などの筆記試験、面接試験と進行していきますが、それ以外にも夏休みを利用してのインターンシップや同じ学校の卒業生の話を聞いたり、採用担当者との懇談などの手法もあります。


例えるなら事務とは無関係な運送の仕事などの面接試験のときに、難しい簿記1級の資格を取っていることを伝えてもまるっきり評価の対象にならない。事務職の試験のときならば、高い能力の持ち主として評価される。
圧迫面接という面接手法で、底意地の悪い問いかけをされた場面で、知らず知らず怒る方もいるでしょう。その心は分かるのですが、生々しい感情を見せないようにするのは、社会における最低常識なのです。
学生の皆さんの周辺には「自分の得意なことが直接的な」人はいらっしゃるでしょうか。そういった人程、企業からすれば取りえが簡単明瞭な人間であるのです。
著名企業のうち、何百人どころではない応募がある企業では、人員上の限界もあるので、少しは出身大学で、よりわけることなどはご多分に漏れずあるようなので割り切ろう。
恐れずに言うと就職活動において、自己分析(自分のキャリアの整理)を経験しておくといいでしょうと提案されて分析してみた。正直に言ってちっとも役には立たなかった。

先々、拡大しそうな業界に勤めたいのなら、その業界が本気で成長中の業界なのかどうか、急激な発展に対処可能な経営が運営できるのかどうかをはっきりと見定めることが大事でしょう。
面接といっても、盛りだくさんのパターンが存在するので、これから個人面接と集団面接、さらにグループディスカッションなどをピックアップして教えているので、手本にしてください。
即時に、経験のある人間を入社してほしいという会社は、内定の連絡をした後の相手が返答するまでの間隔を、短い間に設定しているのがほとんどです。
結局、就職活動の際に、掴みたい情報は、応募先のイメージであったり自分の関心が持てる仕事かどうかなど、採用されたらやる仕事の内容とは異なり、応募する企業全体を把握したい。そう考えての実情なのだ。
内々定というものは、新規学卒者に関する選考等の企業間の倫理憲章に、正式に内定するのは、10月1日以降とするようにと定義されているので、まずは内々定というかたちにしているということ。

人材紹介業者を行う会社では、応募した人が予定していない期間で離職してしまうなどマッチングの失敗によって、評価が下がるので、企業のメリット及びデメリットを全て隠さずに説明するのである。
転職を想像するときには、「今の会社よりも相当条件の良いところがあるに違いない」なんてことを、100パーセント全員が思いを巡らすことがあるに違いない。
就職活動というのは、面接しなくちゃならないのも求職者であるあなたですし、試験するのも応募者であるあなたなのです。だが、たまには、先輩などの意見を聞いてみるのもオススメします。
就職面接試験の場で全然緊張しないという人になるには、よっぽどの実践が要求されます。それでも、面接選考の場数をそれほど踏んでいないときには一般的に緊張してしまう。
現在の勤務先よりも報酬や就業条件が手厚い就職先が実在したとしたら、あなたも転職したいと要望するのであれば、ためらわずに決断することも重要なのです。


いわゆる「超氷河期」と一番最初に呼ばれた頃の若者世代では、新聞記事や社会の雰囲気にどっぷり浸かる内に「就職口があるだけ願ったり叶ったりだ」などと、働くところを決定してしまった。
心から楽しく作業を進めてもらいたい、ちょっとでも良い扱いを割り振ってあげたい、チャンスを呼びおこしてあげたい、上昇させてあげたいと企業の側も考えています。
就職してもその会社について「想像していた職場ではなかった」とか、「こんな会社は辞めてしまいたい」そういうふうに思ってしまう人は、ありふれているのである。
「自分の特質をこの事業でなら役立てられる(会社のために働ける)」、そういった理由で御社を希望するというようなケースも、適切な重要な理由です。
会社を経験を積むうちに、ゆっくりと見解も広がるので、基軸がぴんとこなくなってしまうという場合は、広く人々が感じることでしょう。

実質的に就職活動をしている人が、知りたいのは、会社全体の方針や自分のやりたい仕事かどうかなどがメインで実質な仕事内容とは違い、会社自体をうかがえる意味合いということだ。
外資系企業で仕事に就いている人は、もう少なくはない。外資系企業に就職するというと、少し前なら中途採用の即座に戦力となる人を採用する印象でしたが、今時は、新卒の就業に取り組む外資も目に留まるようになってきている。
先々、発展しそうな業界に仕事を見つけたいのなら、その業界が本気で拡大が見込める業界なのかどうか、急激な発展に適応した経営が無事に成り立つのかどうかをはっきりと見定めることが必須条件でしょう。
第一希望の会社からの通知でないといって、内々定の企業への意思確認で困る必要はない。就職活動を完了してから、上手に内々定をつかんだ中からじっくりと選ぶといいのです。
いまは、第一希望の企業ではないと言われるかもしれませんが、今募集しているその他の会社と比較してみて、多少でも長所だと感じる部分は、どのような所かを追及してみて下さい。

通常、会社とは、雇用者に対して全収益を返納してはいないのです。給与に比較した本当の労働(必要とされる仕事)は、なんとか現実的な労働の半分以下でしょう。
辛酸を舐めた人間は、仕事する上でも力強い。そのスタミナは、あなたならではの魅力なのです。後々の仕事の場面で、絶対に役に立つことがあります。
現在就職内定率が過去最も低い率とのことだが、そんな環境でも手堅く合格通知を実現させている人が現にたくさんいる。ならば採用される人とそうではない人の大きな相違点はいったい何なのか。
注意が必要なのは、人材紹介会社はたくさんあるが、通常は社会人で転職を望んでいる人が使うところである。なので企業で実務で働いた経験が少なくとも2~3年程度はないと残念ながら相手にもしてくれません。
なるべく早期に、中堅社員を入社してほしいともくろんでいる企業は、内定が決定した後返事を待つ日にちを、短い間に決めているのが通常の場合です。

このページの先頭へ