保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングです。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで
豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。 さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。 より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。当サイトは、転職をがんばろうとしている人に向けて記事を書いています。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のアピールポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:お祝い金がもらえる!
     →正社員/週32時間以上:@2万円,パート/週32時間未満:@5,000円
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開
    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 「保育のお仕事が業界トップクラスのサービスである」と言われいて そのため、メディアにも多数取り上げられています。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方
    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。
    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!

    【転職する際に重要視しているポイント】
    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内などの働く場所
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設
    ※また、保育士さんは過酷な労働状況に悩み、転職を考える人がいる一方で  女性が多い職場ということから人間関係に悩み、転職を検討する保育士さんも多数いらっしゃいます。
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。
    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


企業によりけりで、仕事の実情や志望する仕事自体もそれぞれ違うと考察するので、就職の面接の時に強調する内容は、各企業により異なるというのが必然です。
通常の日本企業で体育会系の部活出身の人が高い評価を受ける理由は、しっかりとした言葉の使い分けができるからだと考えられます。体育会系のほとんどの部活動の世界では、上下関係が厳しく、意識せずとも身につくものなのです。
「自分の能力をこの事業ならば有効に用いることができる(会社に役立つことができる)」、それゆえにその業務を志しているというような場合も、有効な大事な意気込みです。
「入りたいと願っている会社に臨んで、私と言う人柄を、どうしたら徳があって将来性のあるように見せられるか」という能力を上昇させろ、ということが近道なのである。
就職試験に、最近では応募者をグループにしてグループディスカッションを選択している企業は多くなっている。担当者は面接だけでは見られない個性や性格などを調査したいというのが目指すところなのです。

まずは応募先が完璧に正社員に登用するつもりがある会社なのか否か明白にしてから、登用の可能性があるようなら、とっかかりはアルバイト、または派遣などとして働く。そして正社員を目論むのもいいでしょう。
公共職業安定所では、多種の雇用や経営についての法的制度などの情報が公開されていて、いまどきは、辛くも情報そのものの操作手順も改良してきたように思われます。
ときには大学を卒業して、新卒から速攻で外資への就職を目論む方もいるけれど、やはり実際には大多数は、日本国内の企業で勤めて経験を積んでから、30歳あたりで外資系企業に転職というパターンなのです。
一般的に見て最終面接のステップで尋ねられるのは、今日までの個人面接で試問されたことと同様になってしまいますが、「志望した理由」が群を抜いて多く聞かれる内容とのことです。
たとえ成長企業でも、100パーセント絶対に採用後も平穏無事、まさか、そんなわけはないのです。だからそこのところは真剣に確認が重要である。

はっきり言って退職金がもらえるとしても、自己都合による退職であれば会社にもよるけれども、無論のことそれほど多くの金額はもらえません。だからとにかく転職先を見つけてから退職するべきなのだ。
何度も面接を経験をする程に、じわじわと見解も広がるため、基軸というものが曖昧になってしまうという場合は、頻繁に諸君が感じることでしょう。
面接のときには、必ず転職の理由を質問されます。「どんな事由で退職したのか?」ということについては、どんな企業の担当者も非常に興味のある内容です。そんな意味から、転職理由を考慮しておくことが大切だと考えます。
就職しながら転職活動するような際は、周囲の知人達に判断材料を求めることも難題です。普通の就職活動に比較してみて、話を持ちかけられる相手は相当少ない人数になってしまいます。
一般的に会社そのものは、中途採用した社員の教育のためにかかる年月や費用は、出来るだけ抑えたいと感じている為、自助努力で効果を上げることが望まれています。


どん詰まりを知っている人間は、仕事する上でもうたれ強い。その力強さは、あなた方皆さんの魅力です。今後の社会人として、必ず恵みをもたらす日がきます。
現実的には、人材紹介会社など民間のサービスは本来、社会人で転職を望んでいる人に利用してもらうところなのである。よって実務上の経験が悪くても2~3年くらいはないと対象としては見てくれません。
就職の為の面接を受けるほどに、ゆっくりと視野が広くなってくるため、基軸が曖昧になってしまうというケースは、頻繁に数多くの方が感じることなのです。
普通最終面接の段階で尋ねられることといったら、今日までの個人面接で聞かれたようなことと同じような事になってしまいますが、「志望の要因」が最も有力なようです。
「好きで選んだ仕事ならどれほど辛くても耐え忍ぶことができる」とか、「自分自身を成長させるなら振り切って困難な仕事をセレクトする」という例、割と耳にします。

それぞれの企業によって、事業の構成や自分の望む仕事も異なると感じるため、面接の時にアピールする内容は、企業毎に異なってくるのが当然至極なのです。
実は仕事探しの最初は、「目標の会社の採用を勝ち取るぞ」と張り切っていたにもかかわらず、続けざまに採用されないことばかりで、このごろはもう面接会などに出席することすら恐れを感じてしまっているのです。
外国企業の勤務先の環境で要求される業務上のマナーや技術は、日本において社会人として追及される身の処し方や業務経験の基準をかなり超越しています。
希望の職種やなりたいものを目指しての商売替えもありますが、働いている会社のトラブルや自分の生活環境などの外的な素因により、転業しなければならない場合もあるでしょう。
まずはそこが果たして正社員に登用してもらえる機会がある会社なのか違うのか見極めてから、登用の可能性をなおも感じるとすれば、とりあえずアルバイト、派遣などからでも働いて、正社員になることを目指してみてはいかがでしょうか。

己の能力をアップさせたいとか今以上に自分を磨くことができる職場で働いてみたい、という意見をしょっちゅう耳にします。自分自身を磨けていないと気づくと転職を意識する方が非常に多いのです。
就職活動において最後に迎える関門である面接試験についてここでは解説させていただく。面接による試験は、求職者と人を募集している企業の採用担当者との対面式による選考試験である。
アルバイト・派遣をしてきて培った「職歴」を携えて、あちこちの企業に面接をたくさん受けに行ってみましょう。帰するところ、就職も縁の特性が強いので、面接を多数受けるのみです。
やっぱり就活のときに、気になっているのは、応募先全体の方針あるいは自分の興味に合うかなどが多く仕事の内容などよりは、会社自体をジャッジしたいと考えての意味合いということだ。
仮に事務とは無関係な運送の仕事の面接試験において、いくら簿記1級の資格所持者であることをアピールしても評価の対象にならない。事務職の試験のときであれば、即戦力がある人材として評価してもらえる。


会社というものは、全ての労働者に全部の利益を還元してはいないのです。給与に対し本当の労働(必要労働)というものは、やっと実働の半分以下程度だろう。
電話応対すら、面接試験の一つのステージだと認識して取り組みましょう。反対に見れば、企業との電話の応対とか電話内容のマナーがよいとされれば、高評価に繋がるのです。
「オープンに本音を言うと、転職を決意した最大の要因は給与のせいです。」こういったことがしばしばあります。ある外資系コンピュータ関係の企業のセールス担当の30代男性の例です。
圧迫面接の場合に、底意地の悪い質問をされたような際に、我知らずに怒ってしまう人がいます。その心は分かるのですが、あけっぴろげの感情を抑えておくようにするのは、社会人としての常識といえます。
ある日急に評判の大企業から「あなたに来てほしい」などという話は、荒唐無稽でしょう。内定をふんだんにもらっているような人は、それだけ大量に不採用にもされていると考えられます。

最近の仕事の同業の人で「父親のコネのおかげでSEを捨てて転職してきたのだ」という過去の持ち主がおりまして、その人の体験によればシステムエンジニアだった頃のほうが全く比べものにならないくらい楽なのだとか。
いくら社会人だからといって、状況に応じた敬語を使うことができているわけではありません。一般的に、社会人なのであればただの恥で終わるところが、面接の場面では採用が難しくなるような場合が多い。
企業の選考試験の際に、応募者だけのグループディスカッションを実施しているところが増えているのだ。これによって面接とは違った面から気質などを見ておきたいというのが狙いです。
会社の命じたことに従えないからすぐに辞職。つまりは、こんなような思考経路を持つ人に対抗して、採用担当者は疑いの心を感じています。
自分のことを伸ばしたいとか今の自分よりも前進できる就業場所にたどり着きたい、という意見をしょっちゅう聞きます。必要なスキルが身についていないと気づくと転職しなければと思い始める人がたくさんいます。

ここ何年か就業のための活動や転業するために活動するような、20代、30代の年齢層の親の立場でいえば、堅実な公務員や一部上場の大手企業等に就職可能ならば、最良の結果だと想定しているのです。
内省というものをするような際の意識しなければならない点は、曖昧な表現を使わないようにすることです。精神的な語句では、人事部の人間を納得させることはとても難しいことでしょう。
通常、就職活動は、面接試験を受けるのも求職者であるあなたですし、試験するのも応募する本人です。けれども、場合によっては、ほかの人に意見を求めるのもいいだろう。
つまるところ就職活動の際に、手に入れたい情報は、応募先のイメージであったり職場環境など、任される仕事の詳細についてではなく、職場自体を抑えるのに必要な実情である。
是非ともこのような仕事がしたいという仕事もないし、あんな仕事もこんな仕事もと悩んだ末に、結局のところ実際のところ何がしたいのか面接の際に、話せないようになってはいけない。

このページの先頭へ