保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


現行で、求職活動をしている会社というのが、最初からの希望企業でなかったため、希望する動機が言えない、または書けないという迷いが、今の時期には増えてきました。
企業で体育会系といわれる人材が高い評価を受けるのは、敬語がちゃんと身についているからだと言えます。体育会系といわれる部活動の世界では、先輩後輩の関係が厳しく、否が応でも身につくものなのです。
大企業のなかでも、何千人もの志願者がある企業では、選考に使える人員の限界もあったりして、少しは大学名で、次へ進めるかどうかを決めることなどは度々ある。
新規採用以外なら、「入社できそうで、経験も積み上げられそうな会社」なら、如何にしても入りましょう。社員が数人程度の会社でも気にしないでいいのです。キャリアと職務経験を得ることができればそれで大丈夫です。
採用試験にて、応募者だけのグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を行っている企業は多くなっている。人事担当者は面接とは違った面から個性や性格などを観察するというのが狙いである。

面接試験は、あなたがどういう考え方の人なのかを観察する場所になるので、練習したとおりに話すことが必要だということはなく、誠意を持って表現することが大事なのです。
はっきり言って就職活動の初めは、「いい会社を見つけるぞ」というように一生懸命だった。けれども、数え切れない程採用されないことが続いて、近頃ではもう面接会などに出席することすらコワくなって行動できなくなっています。
面接選考に関しましては、どの部分が足りなかったのか、ということをフィードバックしてくれる懇切な会社はありえないため、求職者が改良すべき部分を掴むのは、困難なことでしょう。
いわゆる給料や職場の処遇などが、どれ位良いとしても、職場の環境自体が悪化してしまったら、今度もよその会社に行きたくなりかねません。
アルバイト・派遣をしてきて培った「職歴」を武器に、多くの会社に面接をいっぱい受けに行ってみましょう。とどのつまり、就職も回り合せの特性が強いので、面接を豊富に受けてみるだけです。

告白します。仕事探しの際には、自己分析(経歴等の整理・理解)を実施しておくといいでしょうという記事を読んでためしてみた。しかし、本音のところ聞いた話とは違ってまったく役に立たなかったということです。
「素直に本音を言うと、転職を決定した要因は年収の為なんです。」こんな例もあるのです。とある外資系会社のセールスを担当していた30代半ばの方の話です。
もう無関係だからといった立ち位置ではなく、ようやく自分を肯定して、就職の内定までくれた会社には、誠意のこもった受け答えを忘れないようにしましょう。
人材紹介会社の会社では、雇われた人が突然離職してしまうなどマッチングの失敗によって、労使ともに評判が悪くなる。だから企業の長所や短所を両方共に正直にお話しします。
色々な企業により、業務内容や自分の志望する仕事もそれぞれ違うと想像できますが、面接の場合に触れ込むべき内容は、それぞれの会社によって異なってくるのが必然的なのです。


仕事をやりつつ転職活動を行うケースでは、周囲の知人達に相談すること自体がなかなか困難です。仕事を辞めてからの就職活動に比較すると、相談を持ちかけられる相手は相当狭められた相手になるでしょう。
一般的に企業というものは雇っている人間に対して、どの程度の好ましい条件で雇われてくれるかと、早いうちに企業の収益増強に影響を及ぼす力を、使ってくれるのかだけを夢想しているのです。
どうしても日本の会社でいわゆる体育会系の人が望まれる理由は、敬語をきちんと使うことができるためだと聞きます。体育会系のほとんどの部活では、常に先輩後輩といった上下関係が固く守られており、意識せずとも体得することになります。
もし成長企業と言ったって、絶対にこれから先も問題が起こらないということなんか断じてありません。就職の際にその点についてもしっかり研究が重要である。
面接というのは、非常に多くの形が実施されているので、このサイトでは個人面接と集団面接、さらにグループディスカッションなどをメインとしてお話しているので、チェックしてください。

わが国の世界に誇れる技術のほとんどのものが、いわゆる中小企業の町工場で生まれていることは周知の事実で、給与面についても福利厚生についても優れていたり、順調な経営の企業だってあります。
地獄を知る人間は、仕事の上でも強力である。そのスタミナは、あなたの武器といえます。将来就く仕事にとって、絶対に役に立つことがあります。
なんとか手配の段階から面接の過程まで、長い順序を踏んで内定してもらうまでたどり着いたのに、内々定を貰った後の出方を間違えてしまったのでは振り出しに戻ってしまう。
自分の言いたい物事について、いい方法で相手に知らせられず、いっぱいつらい思いをしてきました。これから自己診断するということにひとときを費やすというのは、もう既に遅きに失しているでしょうか。
評判になった「超氷河期」と一番最初に称された時期の世代で、マスコミが報道する内容や一般のムードに吹き流される内に「働く口があるだけでありがたい事だ」などと、就職口を慌てて決めてしまった。

選考試験の時に、応募者だけのグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を実施しているところは多くなっている。採用担当者は普通の面接だけでは見えてこない個性や性格などを観察するのが狙いである。
当たり前かもしれないが成長分野には、素晴らしいビジネスチャンスに遭遇することがあると言える。新規事業参入のチャンスもあれば、子会社を設立したり、新規事業やチームを担当させてもらえる見込みが高くなるだろう。
結果としては、いわゆる職安の就職紹介で入社を決めるのと、よくある人材紹介会社で入社する場合と、双方を併用していくのが良策だと感じるのです。
まずはその会社が間違いなく正社員に登用できる企業なのかそうでないのか見定めたうえで、登用の可能性があると感じ取れるなら、とりあえずアルバイトやパートもしくは派遣などとして働く。そして正社員になることを目指すのもいい方法だ。
「私が今に至るまで蓄積してきた特別な能力や才能を踏まえて、この仕事を欲している」という風に自分と突き合わせて、ようやく面接担当官に納得できる力をもって理解されます。


最近入社試験や転業の為の活動をしているような、20~30代の年代の親からすると、国家公務員や大企業といった所に入社できることこそが、上出来だと考えるものなのです。
ご自分の近しい中には「自分の好きなことが一目瞭然の」人はおられますか?そういった人こそ、会社からすれば「メリット」が使いやすい人間になるのです。
ちょくちょく面接時の忠告で、「自分の言葉で語るように。」という内容を耳にします。しかしながら、その人ならではの言葉で語ることの意味することが納得できないのです。
「自分自身が今まで育んできた特異な能力や特性を有効に使って、この仕事をやりたい」という風に自分と関連付けて、とうとう話しの相手にも納得できる力をもって理解されます。
「入社希望の企業に対して、我が身という人的材料を、どれだけ高潔できらめいてプレゼンできるか」という能力を鍛えろ、それが大事なのだ。

面接の際大切なのは、印象に違いありません。数十分程度しかない面接試験で、あなたの全ては把握できない。したがって、採否は面接での印象が決めているとも言えるのです。
賃金や職務上の処遇などが、どの位手厚くても、働いている環境自体が劣化してしまったならば、再びよその会社に行きたくなる確率が高いでしょう。
資格だけではなく実際に働いた経験が十分にある場合、人材紹介会社もかなり利用価値がある。どうしてかといえば人材紹介会社を使ってまで社員を募集している場合は、まずまちがいなく即戦力を採用したいのである。
「就職氷河時代」と最初に呼びならわされた際の年代の若者は、マスコミが報道するニュースや世間の感覚に引きずられるままに「仕事ができるだけ感謝するべきだ」などと、仕事を決定してしまった。
今の職場よりもっと賃金や労働待遇がよい勤務先が実在したとしたら、自らも他の会社に転職してみることを望んでいるのであれば、思い切ってみることも重大なことです。

面接選考に関しましては、どういった部分が悪かったのか、ということを案内してくれる懇切丁寧な会社はまずないので、あなた自身で修正するところを点検するのは、困難なことでしょう。
第二新卒っていったいどういう意味なのでしょうか?「一旦就職したけれど約3年以内に退職した若年の求職者」のことを指し示します。ここ数年は早期に退職してしまう者が増加していることから、このような新しい言葉が誕生したのだと聞いています。
様々な実情を抱えて、退職を望む人が増加傾向にあります。だが、転職すると決めたはいいけれど、別なところに転職した後の人生が大きく異なる場合もあるのが実体なのだ。
面接の場面では、確実に転職理由について質問されるだろう。「なぜ辞めたのか?」ということは、どんな会社も非常に気にする部分です。それもあって、転職した理由については熟考しておくことが大切だと思います。
同業者の中に「父親の口添えを使ってシステムエンジニアだったけれど転職をした。」という異色の経歴を持つ人がいて、その人の意見としてはシステムエンジニアの仕事のほうが確実に百倍も楽だったということです。

このページの先頭へ