保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


今の瞬間は、行きたいと思っている企業ではないかもしれないですが、求人募集をしているそことは別の会社と比較してみて、ほんのちょっとでも長所だと思う点は、どのような所にあるのかを検討してみて下さい。
面接選考で気を付けてもらいたいのは、あなた自身の印象である。長くても数十分しかない面接だけで、あなたの一部しかわからない。それゆえに、合否は面接のときのあなたの印象に影響されるのです。
一般的に言って最終面接の際に口頭試問されるのは、今日までの面接の際に試問されたことと同様になってしまいますが、「志望した要因」というのがかなりありがちなようです。
告白します。仕事探しをしているときには、自己分析(自己理解)を経験しておくほうがいいのではとハローワークで聞いて早速試してみた。しかし、本当のところ就職活動の役には立つことはありませんでした。
売り言葉に買い言葉ということで、「こんなところ誰が来るか!」こんな感じで、我慢できずに退職するケースもあるけれど、こんなに世の中が不景気のときに、興奮して退職することは明らかに間違いです。

仕事の何かについて話す節に、あいまいに「どんな風なことを思っているか」だけでなく、なおかつ具体例を取り混ぜて語るようにしてみてはいかがでしょう。
社会にでた大人とはいえ、正確な敬語などを使うことができる人はあまりいません。というわけで、社会人ということでただの恥で終わるところが、面接で間違えると致命的(不合格を決定づける)な場合がほとんど。
初めに会社説明会から出向いて、一般常識などの筆記試験や個人面談と順番を踏んでいきますが、それらの他に実習生として働くインターンシップや卒業生を訪問したり、リクルーターとの面談等による働きかけもあります。
学生諸君の近くには「その人のやりたいことが明確」な」人はいらっしゃいますか。そういった人こそ、会社の立場から見ると「メリット」が簡単明瞭な人間になるのです。
第二新卒っていったいどういう意味なのでしょうか?「一度は学卒者として就職したけれど約3年以内に離職した若者(一般的には25歳程度まで)」を指す名称なのです。今日この頃は数年で離職してしまう新卒者が急激に増加していることから、このような名称が誕生したと考えられます。

多くの場合就活で、志望者側から企業へ電話連絡することはほとんどなくて、応募先の企業からかかってくる電話を取る場面の方がかなり多い。
どんな状況になっても大事なのは、自分の力を信じる強い気持ちです。必ずや内定を獲得すると信念を持って、あなたならではの人生を精力的に歩いていくべきです。
「書ける道具を持ってきてください。」と記載があれば、記述テストの可能性が高いですし、よくある「懇談会」と記載があるなら、小集団に分かれての討論がなされる時が多いです。
実際のところは、人材紹介会社など民間の職業紹介サービスは本来は社会人で転職希望の人に使ってもらうところなのである。よって実務で働いた経験がわずかであっても数年程度はないと対象にもされません。
外資で労働する人は、今では既に珍しくない。外資系企業といったら、以前は中途入社のすぐさま戦力となる人を採用する感じだったけれども、最近では、新卒の社員の入社に挑戦的な外資も顕著になってきている。


新卒ではない者が仕事に就くには、派遣の仕事でもアルバイトでもいいので仕事の経歴を作ってしまい、あまり大規模でない会社を目的にして採用のための面接を行うというのが、主な抜け道なのです。
自分の主張したい事を、そつなく相手に話せなくて、大変に恥ずかしい思いをしてきました。今から自分自身の内省にひとときを費やすというのは、やっぱり遅いのでしょうか。
企業の面接官が自分自身の話を認識できているのか否かを眺めながら、十分な「対話」ができれば、チャンスが広がってくるのではないかと考えます。
一般的に日本の会社で体育会系出身の人材がよしとされるのは、言葉遣いがちゃんとできるからでしょう。体育会系のほとんどの部活動の世界では、先輩後輩といった上下関係が固く守られており、否が応でも体得することになります。
【就活のための基礎】成長中の業界の企業には、素晴らしいビジネスチャンスに出会うことがあるものだ。新規事業参入のチャンスもあれば、子会社や関連会社の設立に携わったり、重要な事業やチームを担当させてもらえる見込みが高くなるのである。

様々な事情があって、仕事をかわりたい望む人が多くなっています。それでも、転職すると決めたはいいけれど、別なところに転職した後の人生設計が計画と異なる場合も少なくないのが実際には在り得ます。
「私が今まで成長させてきた特別な能力や才能を武器にして、この職業に就きたい」という風に自分にからめて、辛くも担当者にも信じさせる力をもって理解されます。
世間の話題を集めた「超氷河期」と一番最初に呼ばれた時の世代では、マスコミが報道するニュースや社会の雰囲気に吹き流される内に「仕事に就けるだけもうけものだ」なんて、仕事に就く先をあまり考えず決定してしまった。
実際のところ就職試験の過去の出題傾向などを関連図書などで事前に調査して、対策をしっかりとたてておくことを忘れてはいけない。そういうことなので就職試験の概要や試験対策について詳しく紹介しています。
一般的には就活をしていて、申し込む側から応募希望の職場に電話連絡するということはほとんどなくて、応募先の企業の採用担当者からの電話を取らなければならないことの方が沢山あるのです。

「自分が積み重ねてきた力をこういった会社でなら有効に利用することができる(会社のために貢献する)」、そこでその業務を希望しているというようなことも、適切な大事な要因です。
やっぱり人事担当者は、実際のパフォーマンスを試験や面接で読み取って、「自社にとって必要で、仕事をこなしてくれそうな人か?」真っ向から審査しようとするのだ。そういうふうに認識しています。
今日お集まりの皆さんの身の回りには「自分の願望が直接的な」人はいらっしゃいませんか?そういう人なら、企業からすればよい点が平易な人と言えるでしょう。
公共のハローワークの就職斡旋を頼んだ人が、該当の会社に勤務が決定すると、年齢などの要因によって、該当の会社から職安に対して手数料が振り込まれるとのことだ。
上司の命じたことに不服なのですぐに退職してしまう。概していえば、かくの如き自分勝手な思考パターンを持つ人にぶつかって、採用の担当者は疑いの気持ちを禁じえません。


企業の人事担当者は、採用を希望している人の実際の能力などを読み取ることで、「会社にとって有用で、活躍できそうな人物かどうか」注意して見定めようとするのである思っている。
色々複雑な原因のせいで、違う職場への転職を考えているケースが増えてきている。それでも、転職すると決めたはいいけれど、就職した後の人生設計に今までとは大きな差が出る場合もわんさとあるというのが実のところなのである。
一回外資の会社で就業した人の大かたは、元のまま外資の経験を続ける時流もあります。つまるところ外資から日本企業に就業する人は、例外的だということです。
バイトや派遣として得た「職歴」を携えて、多様な会社に面接を何回も受けに行ってください。帰するところ、就職も天命のファクターがあるので、面接を数多く受けるしかありません。
毎日の活動を中断することについては、良くないことがあるのです。それは、今は募集中の企業も応募期間が終わってしまうこともあるということなのである。

面接の際気を付けてもらいたいのは、あなたの印象なのだ。長くても数十分しかない面接では、あなたの一部しか理解できない。したがって、採否は面接を行ったときのあなたの印象が決めているとも言えるのです。
外資系会社のオフィス環境で要求される職業上の礼儀作法や技術といったものは、日本において社会人として所望される行動やビジネス経験の水準を大幅に超越しています。
いま現在本格的に就職や転業するために活動するような、20~30代の年齢層の親からしたら、堅実な公務員や有名な大手企業に入れるならば、最善だと考えているのです。
具体的に勤めてみたいのはどのような会社なのかと聞かれても、どうも答えがでてこないものの、現在の勤務先に対して感じている不満については、「自分の評価が低すぎる」と感じている人が大勢おります。
人材紹介業者においては、企業に紹介した人が短期間で退職してしまうなど失敗があると、人気が悪くなるから、企業の長所、短所全て隠さずに知ることができる。

今の勤め先よりもっと報酬や職務上の処遇などがよい就職先が実在したとしたら、自ずから別の場所に転職したいと望むなら、決断してみることも肝心なのです。
即刻、経験ある社員を就職させたいと思っている企業は、内定が決定した後相手の回答までの幅を、短い間に制限しているのが一般的です。
会社選定の観点というものは主に2つあり、一方ではその会社のどこに興味があるのか、また別のある面では、自分はどんな職業について、どのような生きる張りを手中にしたいと考えているかです。
第二新卒って何のこと?「一度は就職したもののすぐに(3年以内)退職した若年者(一般的には25歳程度まで)」のことを表す名称。ここにきて早期に離職してしまう新卒者が目立つようになったため、このような言葉が誕生したのでしょう。
売り言葉に買い言葉という感じで、「こんな会社こっちからやめてやる!」こんな感じで、非理性的に離職を決めてしまうケースもあるけれど、こんなに不景気のなかで、非理性的な退職は明らかに間違いです。

このページの先頭へ